万博公園のヒガンバナ

万博公園に咲くヒガンバナの、主なポイントは下記の通りです。

自然文化園:もみじ川・下流
自然文化園:西大路・並木の流れ沿
自然文化園:森の舞台・周辺
日本庭園:竹林・西側
日本庭園:花しょうぶ田・周辺
自然文化園:もみじ川・下流


以前は、ここにヒガンバナはありませんでしたが、確か去年あたりから見られるようになりました。なんでも、近隣の少学校の生徒達が植付けしたそうで、万博公園内では一番の規模です。
橋のたもとから見ると、こんな感じです
 
奥の方では白花ヒガンバナが1〜2輪みられます
 
自然文化園:西大路・並木の流れ沿


石畳はきれいに清掃されていますが、並木の下は落葉でいっぱいですので、どうしても石畳の方にカメラが向いてしまいます。
石畳の向こうは「つばきの森」。
 
自然文化園:森の舞台・周辺

一番早く咲くのが南側の観覧席下に咲く白花ですが、4〜5日遅れて西側周辺の赤い花が咲き揃います。
舞台上の干支にみたてた石の動物達もヒガンバナに見とれています。
 
南側観覧席に咲く白花ヒガンバナ
 
ダブルホワイト
 
日本庭園:竹林・西側

ここでは白・赤の他に、黄・橙色などのリコリスも咲いています。

日本庭園:竹林に咲くヒガンバナは白が多い。
 
日本庭園:花しょうぶ田・周辺

例年、他所よりも若干遅れて咲き出します。
ハスや花しょうぶで賑わったこの辺りも、この時期はひっそりとしています。
撮影 2009年9月23日・28日

メニューに戻る