発見!醒ヶ井の梅花藻(バイカモ)

メニューに戻る

2005年8月16日


滋賀県坂田郡米原町にレトロな建物が2棟存在
することを知り、でかけた。
JR新快速で米原駅まで行き、ここで大垣行き各
停に乗り換え、一駅先の醒ヶ井駅に到着する。
駅の北側はこんな大きな山が居座るが、南側に
はこじんまりとした町並みが広がっている。

目指すは旧醒井郵便局と旧醒井公会堂である。
観光案内所に立ち寄ったところ「本日定休」の立
て札があり、案内人は不在。並べられていた観
光パンフレットで「旧郵便局」は見つかったが「公
会堂」が見つからないので駅員さんに教わり、出
発する。
駅から歩いて4分程で「旧郵便局」に到着。

この建物は大正4(1915)年竣工で、ウィリアム・
メレル・ヴォーリズが設計に関わった、国登録有
形文化財とのこと。

詳しくは後日「滋賀レトロ」で紹介する。
旧郵便局から歩いて10分程の所に次に目指す
建物が有った。
「旧醒井公会堂」は昭和11(1936)年竣工の建
物であり、国登録有形文化財である。

こちらも後日「滋賀レトロ」で紹介する。
さて、建物の写真を撮り終えて辺りを見回すと、
何やらパンフレットを手にした人やカメラを持っ
た人が沢山いて、道路脇を流れる小川をのぞき
込んでいる。
建物の撮影に熱中していて、気が付かなかった
が、この辺りは湧き水が豊富な所であり、その
湧き出したきれいな水が小川となって、民家の
前を流れている。
つられてのぞき込んだ目の先には、水の中でゆ
らぐ植物があり、小さな白い花が水中で涼しげ
に咲いている。
ここで初めて、パンフレットに載っていた梅花藻
の存在に気付く。

手のひら状の葉が特徴で、流れに沿って這うよ
うに育つ水草である。
この川は地蔵川といい「居醒の清水」などから
湧き出る湧水の流れで、水温は年間を通じて
14℃前後との事。

どうりで川のあちこちで、ビールやお茶を冷やし
ている姿が目に付く。
梅花藻が育つのは、水温が15℃前後のきれい
な水の中という事で、まさにここは梅花藻の天国
である。
ちなみに、梅花藻は「キンポウゲ科」の植物で、
多年草の水草であり、初夏から晩夏にかけて花
を付けるそうだ。
日本国内でも、梅花藻の育つ環境を保っている
川は数少なくなったそうだ。
水車の近くで満開の梅花藻を発見!

ピンクの花は近くで咲いている百日紅の花が散
って水草の上に乗ったものです。
なにしろ小さな花(10o以下に見えた)なので、
いまいち花の姿が分かりにくい。水面から突き
出ている花を見つけ接写を試みた。あまりピン
トが良くないが、なるほど名前通り、梅の花に似
た感じはする。
水面から顔を出している花達が、浮袋に乗って
いるように見える。
最後に現地にあった地図を張っておきます。

梅花藻は、地蔵川の「新川通船船着場」以東
(左側)で見られます。



撮影 2005年8月16日

------- 終 -------

メニューに戻る