臨時バスで行く綾部山梅林

24ヘクタールの広大な綾部山(あやべやま)丘陵は2万本の梅の木があり、西日本随一の梅の里として有名です。眼下には瀬戸内海国立公園・新舞子の海が広がり、家島群島・小豆島など瀬戸の島々を一望できる風光明媚な梅林です。晴れた日などは明石海峡大橋まで望め、梅のシーズンには京阪神はもとより、四国・中国地方などからも観梅客が訪れるそうです。
以前から一度訪れてみたいと思っていましたが、車でないと行き難い所でしたので諦めていましたが、梅の咲く時期だけ臨時バスが運行される(期間は2008年2月11日〜3月21日まで)との情報を得て2008年3月4日に出掛けました。
梅の花は7分咲きとのことで、部分的に満開の所があったり、蕾ばかりの所があったりでしたが、まもなく満開を迎えると思われます。山麓には13ヘクタールの菜の花畑が広がり、梅の花とのコントラストが見事ですし、途中に休憩所でいただいた甘酒(入園料に含む)も美味しかったです。山中には食堂もありますし、数箇所にトイレか設けられていて、なかなか設備の整った梅林だと思いました。
撮影2008.3.4
交通:JR網干駅または山陽電鉄網干駅から臨時バス バス運賃:JR網干から大人350円・小人180円・山陽電鉄網干駅から大人250円・小人130円(下に時刻表を張っておきますが、今年の運行期間は2008年2月11日〜3月21日までです) 入園料:大人500円・小人400円・甘酒又は梅ジュースのサービス付き) 開園時間:午前9時〜午後5時 問い合わせ:黒崎梅園組合(所在地:兵庫県たつの市御津町黒崎1391-2 TEL/FAX:072−322−1004)

メニューに戻る