飛鳥Uと神戸空港

メニューに戻る

2006年3月5日 朝目覚めると友人のI氏より電
話が入る。「神戸港に飛鳥Uが入港しているの
で見に行かないか?」とのこと。
船は撮ったことがないが、あまりの好天気に誘
われ出かけた。

JR神戸駅を降り、ハーバーランドのある高浜
岸壁を目指して一目散。

目の前にはバカデカイ船が停泊していた。
日本郵船がイギリスの海運会社所属のクリスタル・ハーモニーを購入して飛鳥Uと命名
総トン数48,621トン、全長241m、全幅29.6m、
乗客定員720名、客室400室。モニータークルーズのため、4日午前10時、神戸港に入港。
 
I氏が後ろの観覧車を見つけ、あれに乗って上
から撮ってみようか・・・となり、男2人で観覧車
に乗り込みました。
丁度「飛鳥U」と重なりあってまぎらわしいが、
三角状に突き出た建物は、「神戸メリケンパー
クオリエンタルホテル」である。
先端部の奥に目をやると、六甲山を背にした
神戸市内の高層ビルが目に入る。
せっかく来たのだから、近くまで行ってみようと
中突堤に向かう。
中突堤に停泊中の「飛鳥U」。
オリエンタルホテルのシーサイドチャペルの前
では、ちょうど新郎・新婦がたくさんの人々に囲
まれて祝福されている所でした。
全長241mというだけあって、とにかくすごい。
上の方は全て客室のようである。

見上げていると、大きなマンションがそこにある
かと錯覚する。


旧・飛鳥はドイツへ売却して、船名がアマ
デラとなり、来る3月15日午前8時に神
戸港に入港するそうです。
ついでだから、今度新しく開港した神戸空港へ
行ってみよう・・・となり、神戸海洋博物館と「ホ
テルオークラ神戸」の横を通り、三宮駅へと向
かいます。
丁度、南京町の中華街にさしかったので、ここ
で昼食をとることにしましたが、どの店も大入り
満員であり、表で順番を待つ人であふれていま
す。
どうしようかと思いながら通りを歩いていると、
今席が空いてるよ・・・との呼び込みに思わず
入店し、食べた「マーボ茄子ランチ」がおいしか
ったのですが、店の名前を見ていなかった。
さて、腹ごしらえの後はポートライナー(新交通)で
神戸空港に向かいます。
今日は天気が良くて暖かく、沢山の人達が空
港見学に向かうようで、駅の切符売り場はごっ
たがえし、車内は満員状態で海上の軌道を走りま

ポートアイランド上を走行中に空港島のターミナルビルと管制塔が見えてきます。
 
この橋を渡ると、いいいよ空港島です。
空港駅を降りたったが、ここからが又たいへん
です。入館する見学者人数を規制しているの
か、すごい行列が出来ていて、やっと入ったビ
ル内の店舗はどこもすごい人だかりであり、展
望デッキもご覧の通りです。
丁度待機中の航空機。
この飛行場の規模は小さくて、いかにも地方空
港という感じです。航空機の離発着数が少なく
伊丹や関西空港などを見慣れた人には、一寸
物足りなく感じるかと思われます。
展望デッキの北側からの展望です。ポートアイランドの建物がクッキリと見えます。
ここからの夜景はすばらしいと思いますが、まだしばらくは混雑が予想されますので、見学はもう
少し後にした方がよいと思います。 終                    2006年3月5日 撮影

メニューに戻る