新大阪:あさがお市

2008年7月6日

大阪でも「あさがお市」が開かれていることを知り、出かけました。

新大阪センイシティー2号館と3号館の間にある道路は車の通行を禁止、両端には警察官が数人立ち、ものものしい警戒ぶり?です。
さて、その歩行者天国となった道路の両サイドには所せましと5500鉢の「あさがお」が並べられています。行燈づくりの鉢には、違った色の花を咲かせる4本の朝顔が植えられており、無地の花は一鉢1000円・白いラインが入った「富士」という品種の鉢は1500円と書かれていました。
各鉢には「新大阪:あさがお市」の名と、朝顔の手入れ方法を記した札が付けられています。
それによりますと「朝顔は日当りと風通しのよい所を好む、水は朝方にたっぷりと与える・・・・・」などと記されています。

しかし、今年は咲く時期が遅くなっているのか、咲いている花があまり見当たりません。この鉢の花は開きかけで、もう少しすると完全に開くかもしれませんが、9時からの販売が始まりますと、こういった鉢から先に売れてしまいそうです。
9時が近付き「朝顔を購入される方は先に引換券をお買い求めください」の案内が流れました。何時の間に集まったのか、沢山の人達が「引換券」を求めて行列を作ります。
9時丁度、引換券を手にした人達が一斉に朝顔を求めて動きだします。こうなると写真など撮っておれませんので退散です。
「白い筋入り」や「茶色」の朝顔が珍しいかと思います。

この催しは毎年7月の第一(土・日)曜日の(9時〜売り切れ迄)に行われており、今年で13回目だったそうです。

開催場所:新大阪センイシティ(大阪市淀川区西宮原2−2−17) 地図

メニューに戻る