アートアクアリュウム展・金魚の艶in大阪

2016年8月19日

以前テレビで紹介されていた「アートアクアリュム展」が大阪で行われていることを知り、「大阪・堂島リバーフォーラム」にやってきました。10分程並んでチケットを購入後、入場まで約30分待ちという行列に加わります。

ほぼ時間通りに入場でき、薄暗い場内に足を踏み入れます。
最初のコーナーは宇宙を表現したものでしょうか?

オーロラ?輝く空間に衛星が浮かんでいるように見えますです。

照明は刻々と様々な色にに変化します。
変わった形の水槽内で泳ぐ金魚達
ピンポンパール ↑ 水泡眼 ↑
金魚品評 さまざまな金魚が紹介されています
リフレクトリウム

凹レンズや凸レンズなど、二重レンズなど、色々な見え方をするレンズが水槽に取り付けられています。
 
 
 
 
↓これは「クマノミ」か?
カレイドリウム3D 六面体の万華鏡
インフィニトリアム 三角形の水槽・計40個が合体した高さ4.2m・幅4mの作品
華魚撩乱 無数の金魚が泳ぐのは上部を覆わない横長の水槽を、川に見立てて階段状に設置
花魁 千匹の金魚が泳ぐ世界最大の金魚鉢。江戸の遊郭を表現、乱舞する金魚は花魁とそれをめざす女達を表す。
メニューに戻る