城跡探訪・有岡(伊丹)城

阪急電鉄宝塚線・伊丹駅前西側の石垣を南側に回り込むと「史跡 有岡城跡」の石碑が立っています。 
 
有岡城は天正6(1578)年、荒木村重が織田信長に謀反の際、説得に出向いた黒田官兵衛が幽閉されたことで知られる城である。
 
石垣の階段を上りきったところに、伊丹市教育委員会が設置した有岡城跡の解説碑がありましたので、以下にその内容を転記します。
 
 国指定史跡 有岡城跡

 伊丹氏が、この場所に城を築いたのは、鎌倉時代末期頃のことである。はじめは居館として建てられたが、戦国時代を経て次第に堅固な構えになっていった。
 伊丹氏の城は天正2(1574)年に織田信長方の武将・荒木村重の攻撃によって落城した。その後、村重は信長の命により有岡城と改名し、壮大な城を築いた。
 有岡城は伊丹段丘の高低差を利用し、南北1.6km・東西800mに及ぶ惣構えが築かれ、要所には岸の砦・上臈塚砦・鵯塚砦が配置された。
 謀反を起した村重は、天正6年、信長勢の攻撃を受け、十ヶ月間の攻防の末、強固な城も遂に落城した。
 天正8年、池田之助が城主となるが、同11年美濃の国に転封を命じられ、廃城となった。
 明治26年、鉄道の開通によって、城跡の東側が削りとられたが、土塁や堀など今もよくその姿をとどめている。
 昭和50年より発掘調査が実施され、土塁・石垣・堀・建物・池等の遺構を検出し、中世城郭から近世城郭への移行期の様相が明らかになった。


平成4年3月に伊丹市教育委員会
 
発掘調査が実施された後に公園として整備され、石垣・土塁・礎石建物跡・井戸跡などが公開されています。


←有岡城石垣
土塁(土を盛ったとりで)
 
土塁の上にも上れます
 
礎石建物跡
 
井戸跡
 
  
城跡の一角に、こんな石碑が立っている。
漢文で綴られた文面は、何が書かれているのか分かりませんが、隣りの看板に訳文が出ていましたので、下記にその文章を転載します。
 
 懐古園 碑文の概要(意訳)

 この地は、もともと荒木村重の城郭があった跡であるが、次第にさびれて、武内氏の所有するところとなった。氏は城跡が滅していくのを嘆き、修復して永く後世に伝えようと欲したが、果たさずに亡くなった。未亡人の奈如女は、その意志を継ぎ、時期が来るのを待った。この丘陵はたいへん風光明媚で葛城・金剛・六甲・池田の山々に囲まれ、足もとを猪名川が流れている。村重から三百三十年にあたり、未亡人は先人の志を生かそうと決意してこの碑を立て祭りをした。未亡人の貞節と子息利右衛門の孝順を称え、荒木氏の霊も以って冥すべきである。

明治三十四年九月二十四日 七十五翁 北山撰ならびに書

 
←西側の堀跡



有岡(伊丹)城跡

所在地:

 兵庫県伊丹市伊丹1

   地図

交通:阪急伊丹駅前




訪問日 2010.02.10
 
メニューに戻る