京都嵐山・紅葉情報2012

2012年1.1月9日

京都の紅葉は各地で色付きは報告されていますが、なかなか見頃の報が届きません。しびれを切らして、様子を見に阪急・嵐山駅までやってきました。駅周辺は一部のモミジに紅葉が見られますが、まだ少し早いような感じです。
嵐山の山肌の紅葉も、まだ色がうすいですし、手前の赤く紅葉しているのは「モミジ」でなくて「サクラ」です。
こんな状態ですが、観光客は沢山訪れており、特に本日は学生の団体さんでいっぱいでした。
桂川(保津川)の上流側を望む
渡月橋を渡り嵐山公園(亀山公園)の方に向いますが、一部で真赤な紅葉に出会えますが、本格的な紅葉は、まだこれからという感じです。
嵐山公園入口付近から桂川を望む
嵐山公園のモミジは部分的には色付いていますが、まだ青い葉が残っていますので、やはり、まだ少し早いようです。

この後、常寂光寺の前を通りましたが、門前から見る限り、ほんの一部がわずかに紅葉しているだけで、観光にはまだまだ早すぎます。
落柿舎はご覧のような状態で、名前の通り柿の実が沢山ぶら下がっていました。

この横を通って二尊院に向かいましたが、常寂光寺よりも紅葉が進んでいました。真赤な紅葉よりか、こういった紅葉の方が個人的には好みです。↓
道中で見つけた紅葉で、門前には「山崎精機研究所」の名がありました。


この後、祇王子厭離庵の様子をうかがいましたが、どちらも紅葉は、まだ先のようでした。
そして清涼寺に到着しました。ここは境内の立入りは自由ですので、紅葉を求めてうろつき、本堂の横で好みの紅葉を発見しました。
{本堂への入場は有料(400円)です}
清涼寺庭園


清涼寺からは、もと来た道をもどり、野宮神社前を通って天龍寺に向います。残念ながら野宮神社を覆いつくすようなモミジは、まだ色つきが浅かったです。
天龍寺総門

天龍寺も山門から奥の本堂・庭園前までは立ち入り自由ですので、紅葉のうかがう為に山門をくぐります。
参道から本堂を望む
天龍寺勅使門横のモミジ
嵐山は全体的にみて、見頃まであともう少し時間がかかるようです。本格的な見頃は、今後の冷え込みにも左右されるでしょうが、来週後半ごろでしょうか?

訪問日 2012年11月9日

メニューに戻る