京都:城陽市の青谷梅林

2012年3月16日

JR奈良線・山城青谷駅に降り立ちました。この駅から北東部の丘陵地帯に広がる青谷梅林を訪れるためである。今年は何処も梅の開花が進まず、梅便りでは5分咲きと報じられていましたが、しびれを切らしての訪問である。
駅前からは、このピンクの旗に沿って歩くと自然に梅林に到着するそうですので、地図などは一切持たずに歩を進めます。

やがて、この辺りの農家が栽培する梅林が見えてきますが、いまひとつ開花が進んでいないようである。↓
「梅まつり会場」という案内板にしたがって歩いていくと、会場となっている平坦地に到着します。

青谷梅林の起源は明らかではないが、鎌倉時代の末期にはすでに梅林があったといわれています。
徳川時代に淀藩から梅樹栽培の奨励を受け、大いに植樹されと「青谷村誌」伝えられている。
明治33(1900)年に青谷梅林保勝会が設立され、梅林の保護と宣伝につとめてから、花見客が多くなり名勝地となった。

現在、およそ20ヘクタールの面積に梅樹が植えられており、主な品種は城州白、白加賀、オタフクダルマ、青軸、鶯宿、玉英などがある。毎年6月から7月にかけて約120〜130トンが収穫される。また2月から3月にかけては約1万本の白梅が咲き誇り、青谷は大きな白布を広げたたように白一色となり、梅の香りにつつまれます。
(城陽市梅まつり実行委員会発行のパンフレットより抜粋)
梅まつり会場付近に少しだけある紅梅は、かなり咲いています。
会場には売店が多数設けられており、カレーライス・梅うどん・きつねうどん、梅おにぎり、おでん、フランクフルト、甘酒、などの飲食物を市場価格で販売しておられます。その他の売店では梅製品、和菓子、梅ようかん、草花、野菜、など地元物産がいろいろな物が売られています。

私はここで、梅うどんと梅おにぎりを購入し、臨時に張られたテント内でいただきました。
食事が終わり外に出てみると、何と青空が広がっているではないか!



曇り空では白梅は映えませんが青空の下ならば・・・と、再び会場付近の梅林を巡ります。
でも、やっぱり赤いほうがいいか・・・・
これにて「梅まつり会場」を後にします
やはり訪れるのが一寸早かったようですが、梅まつり最終日の20日頃には見頃になるのかな?
青谷梅林 (3月20日は餅つき大会あり)
所在地 京都府城陽市中 中山
TEL 0774-56-4029(城陽市観光協会)
期間 2012年2月20日〜3月20日(火・祝)
入場料 無料
売店 10:00〜15:00(梅まつり期間のみ)
トイレ 有 (仮設・梅まつり期間のみ)
交通 JR奈良線・山城青谷駅 徒歩20分
近鉄大久保駅より宇治京阪バス
たつみ畑下車 徒歩15分
中村下車 徒歩12分

メニューに戻る