城跡探訪・尼崎城

 最近何度か図書館通いをするうちに、「尼崎城」という文献と写真に出会いました。今まで尼崎に城があったことを知らずにいましたが、広大な城郭と城下町の絵写真をみて驚きました。
 以下に「探訪日本の城 6 畿内編」の文献より抜粋して、掲載写真と共に紹介します。
 尼崎城が史料に登場するのは、赤松範資が「尼崎之城に居住す」と記された「赤松記」に登場する。(室町時代初期)
 室町時代の後期に入ると管領細川氏の内紛のため再び争乱の巷となり、細川春元と三好氏の抗争、上洛した信長と荒木村重との抗争などで、尼崎の町はいくたびか兵火で焼けた。
 村重の乱が終息すると西摂は池田父子の支配するところとなり、池田輝政が尼崎城に居住する。
 本能寺の変で秀吉が備中から東上した時、池田信輝と尼崎城内で光秀討伐作戦を協議した。
 秀吉の天下となり、肥後の一揆の鎮圧に失敗した佐々成政は尼崎城下の法華寺で切腹させられた。
 大坂夏の陣が終わって天下が完全に徳川のものとなった元和3(16179)年7月、戸田氏鉄が摂津四郡のうち五万石を領し、尼崎城主となって着任した。それから3ヶ月後の10月、氏鉄は幕命により尼崎城の大改築に着手した。氏鉄は大物・尼崎の旧城を破壊し、点在している寺院を西に移し、そのあとへ新城を築く。
 城は11年で完工したが、旧城が51間(約90m)四方であったのに対し、新城は約十倍以上の城地に四層の天守閣、三隅に三重の櫓が聳える広大な構えであった。
 その後、城主は青山幸成(1635年〜)・幸利と変り、宝永8(1711)年から松平(桜井系)忠喬から七代百八十年の時を経て明治維新を迎えた。

2012年1月19日

 尼崎城跡の現状を知りたくなり出掛けました。

 阪神電鉄尼崎駅の南出口から東側の橋を渡ると、尼崎城跡公園という小さな空間があり、その奥に擬似石垣と白壁土塀が設けられいますが、城の遺構などは特に見当りません。
 なお、その石垣と土塀は南側にある中央図書館の前面にも設けられています。
尼崎城跡公園の石垣と白壁土塀 尼崎中央図書館

尼崎市立文化財収蔵庫

 尼崎城の資料が、ここで閲覧出来るとの情報を得ていましたので、まずは手始めにやってきました。

 この建物は、かっては「城内中学校」の校舎でしたが、平成21(2009)年から尼崎市の文化財などを収納・展示する場所として活用されています。

入館=無料 09:00〜17:30(入館は17:00まで)
休館日=土・日・祝 12月29日〜1月3日
 文化財収納建物の西奥に展示ホールがあり、中央の大きなガラス張りの容器?の中に、かっては威容を誇った時代の城郭と城下町のミニチュア模型が展示されています。この模型は以前、尼崎市役所・南館のロビーに置かれていたものだそうです。
かっては工場地帯であり今やマンションが林立する尼崎が、こんな城下町だったとは驚きです。
尼崎城(本丸)跡の発掘調査
 阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた城内小学校(現・明城小学校)校舎の建替え工事に先立って行われた発掘調査では、尼崎城の中心となる建物(本丸御殿)の基礎部分にあたる、礎石を据付けるための大きな穴が規則正しく並んだ状態で多数見つかり、江戸時代の末に描かれた本丸御殿の絵図と調査で見つかった建物跡が一致したことから本丸御殿のほぼ中央部にあたることがわかったそうです。
ホールには尼崎城跡・尼崎城下町跡の出土品なども展示されています。
鬼瓦 陶器類など 鯱(しゃち)瓦
天守台での記念撮影

 明治41(1908)年の正月に、元尼崎藩主で当時の当主、櫻井忠胤(最前列の礼服姿)を囲んで旧尼崎藩主らが集まり、尼崎城天守台跡で撮影された記念写真には、天守台が写っています。


 天守台跡は文化財収納庫正門付近あたると考えられるそうです。

尼崎城の模型

 文化財収納庫を出て、明城小学校・校庭の南側を歩いていると、何と!片隅に尼崎城天守閣の模型が設けられていました。これは昔の写真をもとに木型を作りコンクリートで固めたもので、昭和15(1940)年4月から7月まで1学期間かけて同校の教職員と児童が一緒になって苦心して製作されたものだそうです。
 明城小学校の校庭は広いです。西に向かって進むとまもなくフェンスが終わろうとする、一寸手前に城址碑がありました。なんでも旧城内にあった橋脚を用いて製作されたそうで、かなり大きなものです。

尼崎城址碑


 江戸時代、尼崎城は大坂城の西を守る役目のために戸田氏鉄が元和4(1618)年から数年かけて築いたものです。城域は現在の北城内、南城内の約300m四方あって西は庄下川、東は大物運河を外堀とする三重の堀に囲まれ、本丸には高さ18mの四層の天守閣が築かれていました。その姿は海上に浮かんでいるように見えたので、浮城とか琴浦城などと呼ばれたそうです。
 なお、この碑が立つあたりは二の丸の前の内堀と中堀を結ぶ横堀や「四角堀」と呼ばれる内堀と外堀を結ぶ縦堀があったところで、この付近に「伏見門」がありました。戦国時代までの中国街道が旧町場を抜けて通っていました。

    尼崎教育委員会による解説板より抜粋

 途中に立ち寄った櫻井神社の境内に尼崎城天守の棟瓦が展示されていました。
戸田氏の家紋・「九曜紋」入りです 文面が面白いです(画像クリックで大きい画像表示)

寺町

 前出の寺町です。現在39ヘクタールの区域に11寺院が集中しています。

 前出の佐々成政の墓碑がこの寺(法園寺)にありました

尼崎博物館(尼信会館)

 寺町の南側にある、尼崎信用金庫の私設博物館には、尼崎藩主桜井松平家ゆかりの品々や尼崎市の歴史的に貴重な資料が常設展示され、尼崎城の資料も展示されています。

開館日:火曜日〜日曜日・入館無料 10〜16時
尼崎城・城郭模型
尼崎城分間絵図(表) 尼崎城分間絵図(裏)
摂津尼崎城図

阪神電鉄尼崎駅・近辺地図

上記施設は左の地図内に全て入っています。寺町は左上方の寺名が記されているところ、尼崎博物館は「善通寺」の通の字の下方に信号機が描かれている左下の長方形の建物です。地図の縮尺を2段階+にすると「尼新博物館」の文字が確認できます。

メニューに戻る