城跡探訪・芥川城

2012年4月27日

「大阪高槻芥川・こいのぼりフェスタ1000」という催しを訪れた際、近くに「芥川城跡碑」があることを知り、探してみました。
芥川から少し東の住宅街の細い道を行くと、歪な交差路などが城跡を感じさせてくれます。
 こんな立派な藤の花が咲く住宅前を通り、目的地である「殿町8」を探しますが、なかなか見つかりません。

 何回か同じ道を行き来し、やっと「殿町8」の町名板を見つけましたが、そこには大きな屋敷が建っています。
その屋敷の横手を進むと、ありました!
なんと城跡碑は個人住宅の一般道路側の生垣から、ひっそりと顔を覗かせています。生垣は城跡碑が隠れてしまわないようにと、きちんと剪定されているようです。
芥河(川)氏の名が最初にあらわれるのは、弘安7(1284)年のことで、僧叡尊思円(1201〜90)を戒師として出家した芥河右馬充平影信という人物である。芥河氏は、ほぼ鎌倉時代後期に至って、御家人として次第に頭角をあらわしてきたことがうかがわれる。

この芥河氏の屋敷=芥川城のあったのが、芥川橋の東詰め北部一帯の地域であろうと推定される。すなわち、このあたりの字「殿ノ内」(現在の殿町)あたりから東西四町(約440m)×南北二町(約220m)に及ぶ城域を形成していたとみなされる。もちろん、この城域が当初から確立していたとは考えにくく、芥河氏の成長と共に拡大していったものであろう。

しかし、北摂地方の土豪を大きく巻き込んだ応仁・文明の大乱(1467〜77)に際しては、芥河氏も三宅・吹田・茨木の各氏と共に東軍に属して戦ったが、応仁元(1467)年、西軍の将大内政弘の軍門に降り、芥河本家と芥川城はその後、史上から姿を消してしまいました。


解説と地図は「新人物往来社」発行の「日本城郭体系 第12巻」より抜粋
芥川城跡を訪れた頃が「こいのぼり」の季節ならば、ぜひ芥川に架かる「こいのぼり」達もご覧ください。菜の花もきれいです。
芥川城跡
 
所在地  大阪府高槻市殿町8
交通  JR高槻駅より徒歩約15分
 
地図のマーカーは城跡碑の位置です

メニューに戻る