城跡探訪!赤穂城

JR播州赤穂駅舎
鉄筋2階建て延べ約460u。外観は赤穂義士ゆかりの地を思わせる白壁に黒がわら風屋根で、階段わきの壁面には四十七士の討ち入り姿を描いた江戸時代の絵すごろくをあしらった陶板が埋め込まれている。(2000.12.12 築)
 
息継ぎ井戸
早水藤左衛門、萱野三平両士が、早かごで主君刃傷の凶報を持って江戸より駆けつけた際、この井戸で一息ついて城内の大石内蔵助邸に入った。これが天下に誇る日本三大上水道の一つ、赤穂藩上水道の給水井戸である。
 
花岳寺
浅野家の菩提寺として正保2(1645)年に建立。浅野家、森家の歴代藩主のほか47義士の墓碑がある。この山門は、もと赤穂城の塩屋惣門で赤穂市の指定文化財である。
 
平成の城下町
平成16(2004)年、景観形成地区指定により城下町風に整備された沿道の建物。電線の地中化などにより電柱をなくし、歩道を広くとるなどで実に素晴らしい景観を形成しています。
 
高麗門
JR播州赤穂駅から南へ、風情ある町並みを抜けると赤穂城跡・大手門に至る。
  
隅櫓
赤穂城跡に残る唯一の櫓であるが、昭和30(1955)年に再建された物だそうです。
 
赤穂城は近世になって発達した軍学・兵法にしたがって縄張された城であり、本丸・二之丸・三之丸のすべての郭が残された貴重な近世城郭遺構であることから、昭和46(1971)年に国史跡に指定されている。
現在見ることの出来る赤穂城は、浅野内匠頭長直(あさのたくみのかみながなお)が寛文元(1661)年に完成させたものである。城は熊見川」(現千種川)河口の西岸に位置し、南は瀬戸内海に面した海城で、変形輪郭式の平城である。縄張りは藩の軍師であり、甲州流軍学者であった近藤三郎左衛門純(こんどうさぶろうざえもんまさずみ)が行い、12の城門と10の隅櫓を築いた。
本丸には藩邸や、池泉庭園、天守台が、二之丸には錦帯池を中心とした二之丸庭園、遊水池、米蔵、馬場などがあった。また、三之丸には大石内蔵助良雄をはじめとした重臣たちの屋敷が配されており、城と熊見川との間には藩の米蔵と舟入が備えられていた。現在では大石良雄宅跡長屋門と近藤源八宅跡長屋門が江戸時代の建物として残されている。
大手門枡形
石垣を方形に積み上げた枡形は、打ち出す兵を待機させたり、敵兵を閉じ込めて攻撃するためのもので、面積は約234uである。(平成15(2003)年に修復)
 
番所
発掘調査で検出された番所跡の位置に、ほぼ同規模の番所を模して建てられたものである。現在は休憩所として利用されている。
  
大石邸長屋門
この門は浅野家筆頭家老大石内蔵助の一家三代が57年にわたり住んでいた屋敷の長屋門である。主君刃傷の凶報を持って江戸より駆けつけた早かごが、たたいた門だそうである。
 
大石神社
大正元(1912)年に。大石内蔵助良雄をはじめ47義士と萱野三平を合祀して創建された。現在の社殿は平成14(2002)年に建設されたのもの。大願成就・願望成就の神として人気があるそうです。
  
大石神社の正面通路には大石内蔵助はじめ四十七義士達の石像が並びます。
 
赤穂城跡本丸・二の門(復元) 赤穂城跡本丸・一の門(復元)
本丸門は築城時(17世紀中頃)の構造と推定され、明治10年代後半の取壊しまでの約230年間存続していたそうです。現在の本丸門は、平成4(1992)年文化庁の地域中核史跡等整備特別事業として国・兵庫県の補助を受け、平成8(1996)年に完成したものだそうです。
 
赤穂城・本丸御殿跡
建物跡を床高だけたかくして、コンクリート盤上に部屋の間仕切りだけを示し、板間・座敷間・土間・敷居・廊下・柱・縁などを表現し、坪庭跡には木陰をつくるために中高木を植栽してあります。
 
本丸大池泉
大池泉は昭和59(1984)年の発掘調査によって全容が明らかになり、浅野・森時代の姿に復元されています。
 
天守台
天守台に天守閣は最初から築かれなかったそうです。
 
 
石組暗渠排水路
江戸時代に下水道があったとは・・・・・
 
厩口(うまやぐち)門跡 
台所に近い門で、食料の搬入に使用された。
 
本丸東南側の石垣と堀
 
南横屋枡形
  
 
水手門
船で運ばれてきた米・穀物などの搬入口。
  
米蔵
古絵図や古文書によると、かってこの場所には、米など穀物の集積所または備蓄所として2〜3棟の米蔵があったそうです。現在の姿はその米蔵の外観を復元し休憩所として使われています。
 
遊水池
赤穂城下一帯は、堀井戸では海水が湧き出て飲料水の確保が困難でした。そのため慶長19(1614)年から元和2(1616)年にかけて熊見川(現在の千種川)上流から隋道を掘り抜くなどの工事を行い、城内および城下の各戸にまで給排水されていた。これが赤穂浪士と並び全国に名高い「赤穂旧上水道」です。
場内の赤穂旧上水は竹管・木樋や備前焼土管などにより、各屋敷や池泉に給配水された後、本丸の堀に至り、この遊水池によって堀の水量は調整され、余水は排水路を経て場外(海側)に排出されていた。
現在の姿は、発掘調査により明らかになった遊水池および排水路の遺構を盛土により保護し、その上部に往時の遊水・排水機能とともにその姿を復元的に整備したものだそうです。

排水路(奥は植樹された公園となっている)
 
現在、二之丸庭園は発掘調査の結果、本丸庭園と共に国の名勝に指定されたそうで、復元整備工事が実施されていました。そのため足を踏み入れることは出来ませんでしたが、世紀を経てよみがえる大名庭園に期待したいものです。
訪問日2010年3月14日
赤 穂 城 跡
所在地 兵庫県赤穂市上仮屋 地図表示
交通 JR赤穂線・播州赤穂駅から約1km
見学時間(本丸) 9時〜16時30分 無料 本丸を除き年中無休
問い合わせ TEL 0791-42-2602 FAX 0791-42-3840
 (赤穂市観光情報センター)
HP http://www.ako-kankou.jp

メニューへ戻る