奈良:秋篠寺の萩 

2016年9月21日

やっと秋らしい気候となりましたので、萩の花を求めて秋篠寺にやってきました。

枝の先端部の葉が、少し色付いたモミジに覆われた東門から入山します。
さっそく白萩が出迎えてくれます
コーナーを曲がると赤い萩も・・・ 香水閣?
金堂跡の苔がすばらしいです
本堂(国宝)

創建当初は講堂として建立されたが、金堂の焼失以後・鎌倉時代に大修理を受け、以来本堂と呼ばれてきたもの。事実上鎌倉時代の建築と考えるべきであるが、様式的には奈良時代建築の伝統を生かし単純素朴の中にも均整と落ち着きを見せる純和風建築。
大元堂と萩 萩のUP
萩と杉苔(大元堂横) こちらは咲き始め(本堂裏)
鐘楼付近の萩
休憩所付近の萩
訪問が一寸遅かったかな? 黄蝶と萩
南大門(左上)の前には黄金色の稲穂が垂れる水田が広がっています
水田の近くで咲くヒガンバナ
 秋篠寺
所在地 〒631-0811 奈良県奈良市秋篠町757
TEL 0742-45-4600  FAX:0742-47-8588
拝観料 大人 500円 中学生以下無料(要成人同伴)
開館時間 09:30〜16:30
休日 年中無休
交通 近鉄京都線・平城駅から徒歩約12分
近鉄奈良線・大和西大寺駅から押熊行バスにて6分/秋篠寺停下車すぐ
駐車場 有り 普通車12台 バス8台 無料
メニューに戻る