信州の旅:赤沢自然休養林

木曽のひのきは、平安時代から広く知られ、安土桃山時代には伏見城などの城を建てる材料として利用されるようになりました。江戸時代になると各地で城下町が繁栄するようになり、木曽の山々から木々が大量に切り出され、使われるようになりました。その結果、木曽の山々は大変荒れ、木々も少なくなりました。そこで、木曽の山を管理していた尾張藩は「木一本、首一つ」という厳しいおふれを出して山の木を守り始めました。その甲斐があって、自然に芽生えた木々が生い茂る木曽の山々が蘇りました。明治時代から木曽の山々の大部分は「御料林」と呼ばれる皇室の財産でしたが、太平洋戦争以後は「国有林」として管理されています。
戦後の復興と経済成長により再び木々が大量に切られるようになりましたが、上松町の赤沢地域は「林木遺伝資源保存林」「植物群落保存林」に指定され保護されてきました。また、赤沢地域は昭和44(1969)年に日本で最初の「自然休養林」に指定され、昭和57(1982)年には「第1回全国森林浴大会」が開催され、「森林浴発祥の地」としても知られています。  撮影:2008年7月19日
現在、森林浴のコースは8つ設けられており、自分の体力に合ったコースを選び、自由に散策することができます。

このコースは「ふれあいの道」(往復2.8km/60分)で、段差をなくし全線を橋と舗装路に整備されていますので、車イスの方でも気軽に森林浴が楽しめます。
  床堰(とこせぎ)

木曽では川の流れを利用して木材を運びだしていました。
小沢に堰(ダム)を作り水を一杯に溜め、次に堰を壊して水と木材を一気に流し出すという方法で、木材を下流に運び出していました。
このコースでは時期にもよるのでしょうが、あまり花は見かけませんでした。唯一見つけたのは「ヤマオダマキ」で独特の姿で咲いていました。
昔、木材運搬に使われていた森林鉄道が復活し、小さなディーゼル機関車に引かれた客車が、「ふれあいの道」コースとほぼ平行して走っています。

走行距離:2.2km
乗車料金:往復800円(片道歩くからと終点で降りても料金は変りません)
団体割引:15人以上で700円
森林鉄道乗場付近には、木材運搬に活躍したアメリカ製蒸気機関車「ボールドウイン号」が現用のディーゼル機関車と共に展示されています。大正4(1915)年〜昭和35(1960)年まで、約42万キロを走り抜いた実際の機関車が古き時代を偲ばせてくれます。
所在地:長野県木曽郡上松町赤沢 地図

問い合わせ:赤沢渓谷を美しくする会(事務局:上松町観光協会)
〒399−5603 長野県木曽郡上松町駅前通り2-13
TEL:0264-52-2001/FAX:0264-52-1038


交通アクセスなどはこちらの綜合案内

メニューに戻る