明石市魚住・住吉公園の水仙

山陽魚住駅から徒歩約5分で住吉神社の裏門?前に着く。

住吉公園の一角に住吉神社があるようで、ここからでも公園に行けるようです。
神社の立方体看板下の水仙は、これから開花するようです。
裏門を入ってすぐの所にある藤棚は、明石市環境保全条例により指定された保護樹木だそうで、住吉神社の御神木だそうです。(のだふじ)
藤棚の傍に、こんな歌碑がありました。



上村孫作歌碑(アララギ派歌人)


藤の下潮の香さして降りゆけば

家島つばらに赤穂の崎も




歌碑の前では黄色い水仙が、きれいに咲いていました。
能舞台

初代明石城主 小笠原忠政(後の忠真)

寛永4(1627)年建立

明石市指定文化財
楼門

慶安元(1648)年建立

二階づくり門で豪壮。細部にわたり、建築技法が優れている。

明石市指定文化財
住吉神社の境内を通り抜けると、眼前に美しい松林が現れる。
ここが住吉公園である。
万葉歌碑

神亀三年、聖武天皇行幸の折、笠朝臣金村がこの地で詠んだ歌が記されています。


往きめぐり 見とも飽かめや 名寸隅の 船瀬の浜に
しきる白波
海岸遊歩道に下りる階段横には日本水仙が植えられており、この時期多くの花が開花しています。
後ろには住吉神社の鳥居が望めます。
この公園にはベンチ・東屋・子供の遊具・車椅子トイレなどが設置されています。
水仙はまだありました。
公園の南端・魚住漁港側に下りる階段付近に多くの水仙が植えられています。
漁港に停泊中の漁船も望めます。
公園・南東側中ほどの水仙。
下部の水仙は、一寸元気がないかな?
公園・最南東部。


こちらは蕾みが多く見られます。
前列右端には黄色い水仙が混じっています。
最後列の水仙は八重咲きのようで、蕾みがけっこう上っていますので、これから沢山咲いてくると思われます。
これらの水仙は、地域の方々がボランテァで球根を集め、公園の法面などに植えておられるそうで、今年は遊歩道脇にも植えられたようです。

その内、この辺りは水仙がいっぱい広がる名所になるかも・・・・・・・・


訪問日:2015.2.12
明石市魚住・住吉公園
所在地 兵庫県明石市魚住町1031
交通 山陽魚住駅より徒歩約5分
入園 無料 時間フリー 無休
メニューに戻る