城跡探訪・明石城

JR明石駅のプラットホームから望む明石城の隅櫓
坤櫓(ひつじさるやぐら) 巽櫓(たつみやぐら)
明石城は海岸に近い丘陵舌端に築かれた平山城である。この城は大坂の役の戦功によって元和3 (1617)年7月、明石十万石を賜わって信濃の松本から入部した小笠原忠真(初名は忠政)が二代将軍徳川秀忠の命によって築城にとりかかる。翌年正月から着工し、その資材には一国一城令で廃城になった三木城・高砂城・船上城・枝吉城などが解体使用された。土木工事は同年8 月に竣工し9月から城内の櫓その他の建築が始まり、本丸の四隅には三層の隅櫓が建てられた。今も残る東南の巽櫓はもと船上城の遺構、西南の坤櫓は伏見城の遺構と伝えられ、共に白亜の総塗り込めの豪華な姿は日本城郭技術の完成期の手法を示すものといえる。本丸の西南近くに152坪の天守台が築かれているが、天守閣はついに築かれず、坤櫓が天守閣の代用とされていた。
日本城郭体系」第12巻より抜粋
現在、明石城跡は公園として整備され、いろいろな施設が整っていますが、主な城の遺構が残る主郭部を「東ノ丸入口」からご案内します。
本丸 本丸の北東隅の艮(うしとら)櫓跡
城内から見た坤櫓 城内から見た巽櫓
なお私は知りませんでしたが、両櫓とも内部公開が行われているようです。案内板によりますと、坤櫓が奇数月の5・9・11・3月、巽櫓が偶数月の4・6・10月で、両櫓とも土・日・祝限定の10時〜16時です。なお7・8・12・1・2月と雨天・荒天時は公開を休止するそうです。
天守台の石垣 天守台の上
桜堀(高い石垣の上は本丸) 稲荷曲輪
下から見上げる坤櫓 下から見上げる巽櫓
なお、この両櫓と石垣は平成7(1995)年の阪神・淡路大震災でかなりの被害を受けたそうですが、曳家(ひきや)という、櫓の下に鋼材を入れて横に移動させ、石垣の修復を済ましてから櫓を元に戻し修復する、という工法で平成11(1999)年に完了。両櫓をつなぐ白壁塀はこの時に復元されたそうです。
明石城跡
所在地 兵庫県明石市明石公園1
入城 無料 無休 時間自由
交通 JR神戸線・明石駅から徒歩約10分
山陽電鉄・山陽明石駅 徒歩約10分
駐車場 明石駅前立体駐車場など
メニューに戻る