赤目四十八滝&曽爾高原

2008年11月4日、元職場のOB・OG達11人と一緒に「黄金色に輝く曽爾(そに)高原と秋化粧の赤目四十八滝」というバスツアーに参加しました。

最初に訪れたのが赤目四十八滝です。赤目観光ハウス横の駐車場から渓谷の入口に向かいます。
通路横のもみじがきれいに紅葉していましたので、ひょっとすると渓谷のもみじも・・・・・・と思いましたが・・・・・・・・・
まだ少し時期が早かったようで、黄葉はみられますが残念ながら紅葉はほとんど見あたりません。

四十八滝と言っても48の滝がある訳ではなく、沢山の滝があるということを表現しているそうです。

では、その主なものを少しばかり紹介します。
不動滝(ふどうだき) 落差15m、幅7m、滝壺の深さ10メートル、不動明王にちなんで名付けられました。明治の中頃まではここより奥は原生林で入ることができなかったそうです。
 
千手滝(せんじゅだき)  落差15メートル、幅4メートル、滝壺の深さ20メートル、岩を伝って千手のように落水するところから名付けられました。
 
布曳滝(ぬのびきだき) 高さ30メートルから一条の布をかけたように落ちる滝は、赤目五瀑のひとつにふさわしい美しさです。滝壺の深さは約30メートルあります。
 
姉妹滝(しまいだき) 大小ふたつに分かれて落ちる滝。右側が姉滝、左側が妹滝だそうです。
 
荷担滝(にないだき) 落差8mの滝が岩を挟んでふたつに別れて流れ落ちるさまが、荷を担っているようで、この名が付いたそうです。この渓谷随一の景観とのことです。
残念ながらあと3つの滝を残して時間切れです、ツアーの短所は十分な見物時間をくれないことです。このあと訪れた曽爾高原では時間が余りすぎて困りましたので、時間配分をもう少し上手に考えてほしいものです。
そして次に訪れたのが「曽爾高原」です。大型車専用の第一駐車場から急な坂道を10分ほど歩くと、そこは一面のすすきの世界です。
曽爾(そに)高原は奈良県と三重県の県境に位置した室生赤目青山国定公園内にあり、秋は一面見渡す限りのススキが群生、風によってこの銀色の穂が揺れる様子は見事で、秋には多くの観光客がここを訪れるそうです。
平坦な場所に設けられた休憩所
いくつかの散策路が設けられています。
撮影 2008年11月4日

メニューへ戻る