赤川鉄橋・仮橋

貨物列車が通る鉄橋内に、人と自転車が通行できる木の橋が架かっているとの話を耳にした。その鉄橋とは淀川下流に架かる城東貨物線淀川橋梁ですが、通称は赤川鉄橋と呼ばれており、吹田操車場と竜華操車場を結ぶ貨物専用の鉄橋である。将来の複線化に備えて造られた鉄橋上に単線の貨物列車用レールが敷かれていたが、空いたスペースを人と自転車が利用できるようにと大阪市が借り受け、木造の橋・赤川仮橋として一般の利用に供しており、その利用者は一日約2000人との事である。そんなの仮橋も、JR西日本による「おおさか東線(旧仮称・大阪外環状線)」という旅客用路線として複線化するプロジェクトが本格的に進められてきて、近々撤去されるそうである。そういう話を聞くと、すぐに「一度渡っておかなくては・・・・・・」となるのが人間の心理でしょうか?
地図で所在を調べると、淀川を渡る城東貨物線との記載を発見。左岸が大阪市都島区大東町3丁目と大阪市旭区赤川4丁目の境、右岸が大阪市東淀川区東淡路1丁目で、最寄り駅が阪急電鉄京都線の淡路駅と分かり、さっそく出かけました。

これが長さ615mの赤川鉄橋であり、昭和4(1929)年に建造されたものだそうです。
堤防上に設けられた踏切を渡り人道橋の正面に立ちますと。
「赤川仮橋」と書かれた看板が、本来は鉄道レールを敷く場所ですので、人道はあくまで仮ですよ・・・と宣言してあるようです。
これが鉄橋の現状で、幅1.8mの木造橋が鉄道と平行して真っ直ぐに延びていま
下流側の眺望はごらんの通りで、大阪市北区の特徴あるビルなどが一望できます。
一方、上流側に見えるのは「菅原城北大橋」で、右側の旭区側に有名な城北菖蒲園があります。
あ!人・自転車だけでなく、犬も渡っています。
間もなく、対岸の河川敷が見えてきて、歩き初めてから約8分位で対岸に到着します。
しばらく休憩の後、引き返します。ただ戻るだけでは面白くないので、この敷板が何枚あるのか数えながら戻ります。
途中、こんな敷板があったりして大丈夫かなと思いましたが、危険な板はどんどん新しい板に交換しているようで、心配は無いようです。

所で敷板の数は全部で3390枚でした。数えるのが大変でした・・・・・・
というのは嘘でして、誰が書いたか知りませんが、、旭区側から数えた枚数が所々に書かれていました。
しかし、この人道橋が無くなれば、今まで利用していた人達が大変困った状況となる。今さら渡し舟の復活・・・てな事も無いでしょうし、大阪市が人・犬・自転車専用橋を新たに架設する必要が生じそうです。


赤川鉄橋の位置
撮影 2007年11月2日

メニューへ戻る