城跡探訪・安威城

大阪府茨木市の安威城跡にやってきました。本日は自転車にて途中、茨木中央図書館に寄り「日本城郭体系」第12巻から安威城の縄張図をコピーして持参しましたので心強いです。
下に縄張図を示しますが、どうやらここが大手口のようで、左側に土塁が残っています。
大手口から真直ぐ北に進むと内郭東側の中央あたりで、家屋の玄関口前に立つ城跡碑と解説板を発見!
今回は案外簡単に見つけることが出来ました。

解説文の内容を下に記します。

 この城は土豪安威氏によって築かれた城(居館跡)で、北の花園山頂にある砦と一対のものと考えられています。

 安威氏の記録は「六波羅密寺文書」貞治2(1363)年の中に記されていることから、鎌倉時代の終わり頃には在地領主としていたと考えられ、城もこの頃に築かれたのではないかと考えられます。

 城の規模は「大阪府全志」によると、東西百間・南北百五十間とされ、また「東摂城址図誌」には、小字城垣内とされる南北百五十県半・東西二十二間余の地域に御殿台と呼ばれる土壇の存在を伝えています。

 現在、安威小学校の東側道路と村の中央を南北に走る道路との間が内郭で、中央道路に沿って流れる溝は城の堀であったと伝えられています。

 外郭は、今もその多くが竹林となって旧地形を残しています。  さらに東南の一角には、城の井戸と伝えられるものが残っています。この井戸は、もとは石積みの井戸であったといわれています。

   茨木市教育委員会

竹林(土塁跡)
今も古い民家が残る いびつな十字路
上の地図と解説文に記されている「城の井戸」を探すため教会の辺りをうろつきましたが、なかなか見つかりません。
丁度バイクで帰宅した近所のおじさんに教わり、細い路地の奥で民家の庭のような所で無事に発見することができました。そのおじさん曰く「蚊が大量発生するのでフタをした」そうです。
城の井戸 訪問日 2012年6月13日
安威城跡
所在地 大阪府茨木市安威2丁目
交通 JR茨木駅から阪急バス
82・88系統 追手門学園前
行きで「安威団地」駅下車
地図のマーカーは城跡碑の位置です

メニューに戻る