万博公園:信天翁(あほうどり)二世号

万博公園:太陽の塔の斜め後ろ、夢の池の畔りに小さなヨットが展示されている。
 
これこそがギネスブックにも掲載された、「世界一周を果たした世界最小のヨット」である。
 
全長6.4m・幅2.0mの小さなヨットで、よく世界一周できたものだと感心する。
  
1971年6月、当時22歳の青木洋(あおき よう)さんは、木の骨組みにベニヤ板張りの手造りヨットで、大阪石津港から世界一周を目指して出港した。いろいろな危機に遭遇しながらも、3年1ヶ月後の1974年7月に無事帰港し、わが国で初めて世界一周に成功する。その時のヨットがこの「信天翁(あほうどり2世号)」である。ヨットマンのみならず、多くの人達に見てもらいたいとの主旨で、1975年7月に日本万国博覧会記念協会に寄贈されたものであり、現在もその雄姿を万博記念公園内にとどめている。

メニューに戻る