探訪!安土城(織田信長の居城)址

2005年9月10日(土)

他の目的で安土を訪れたが、レンタサイクル店
のおじさんに安土城址を薦められ、安土山の麓までやってきた。

安土城は織田信長が天正7(1579)年に建てた城であるが、天正10(1582)年の「本能寺の変」後に焼失する。

滋賀県は平成元年より20年をかけて発掘調査を実施中であり、徐々にその実態が判明してきた。
大手門から山頂部に築かれた天守・本丸に至る
大手道(おおてみち)である。この辺りの道幅は
6mと広く、その両側に幅1〜1.2mの石敷側
溝があり、さらにその外側に高い石塁が築かれ
ている。

ここに見える側溝に架けられた石橋は、左側が
伝 羽柴秀吉邸跡、右側は伝 前田利家邸跡へ
の架け橋である。
伝 羽柴秀吉邸跡

実際に橋を渡り、数段の石段を上ってみたところは、さして広くはない平坦な場所だった。
なーんだ、秀吉邸って大したこと無いな・・・と思
ったら大間違い。この場所は右の復元図でいう
と一番下の櫓門と厩舎(馬小屋)が建つだけの
場所であり、人が生活する部分は上方にある。
上の復元図にある、上方の石橋を渡った奥に広がる屋敷跡。
発掘で出土した基礎石などからの推測で、ここには高麗門・隅櫓・台所、その奥に主人が常住する主殿が建っていた。
伝 前田利家邸跡

こちらも、狭い土地だなと思ったが、下の敷地図
にある枡形と呼ばれる部分が目視できるだけで
実際には下図のような広い邸宅地だった。
大手道に面したこの屋敷は、向かいの羽柴秀吉邸と共に大手道正面の守りを固める重要な位置を占めており、急な傾斜地を造成して作られた屋敷地は、数段の郭に分かれた複雑な構成となっていた。
再び大手道に出て標高189mの天守跡を目指
す。
この石段は頂上まで405段あり、写真で見ると
なだらかに見えるが、段差が大であり大変上り
辛い。
途中石段の踏石や縁石に「石仏」と書かれたプ
レートが目に留まる。
これは、城普請に使用する多くの石材は、近郊
の山々から採取したそうだが、その中には石仏
や墓石なども多く含まれていたそうだ。
本来は信仰の対象とすべきものであるが、あえ
て築城の経緯を示すために、「発見当時の状態
で保存している」との、滋賀県教育委員会の掲
示が添えてあります。
大手道はうっそうとした森の中に入ります。
あちらこちらに点在する、聞き覚えのある歴史
上の人物の邸宅址の石碑を見ながら、徐々に
上っていきます。

右から織田信澄・織田信忠・森蘭丸、各邸址を
表す石碑。
安土城中枢部への主要な入り口の一つである
黒金門(くろがねもん)跡へとたどり着く。
平成5年の発掘調査で、この付近も天主ととも
に火災で焼失したことが判明。多量の焼けた瓦
の中には、菊紋・桐紋等の金箔瓦も含まれてい
たそうである。
安土城中枢部の建物は、石垣と礎石によって
往時の偉観を偲ぶことができるだけですが、40
0年以上にわたって崩れることなく、ほぼ原形を保ってきた石垣の構築技術の高さには驚かさ
れる。
黒金門跡を後にしてしばらく進むと、横道に「二
の丸址」と「織田信長公本廟」と彫られた石碑を
見て、そちらに向かう。
これが織田信長公本廟である。
「本能寺の変」後に秀吉が建てたものであり、信
長公の遺品が埋葬してあるそうだ。

門前に供えられたペットボトルをみて、信長公は
「なんじゃ〜こりゃ」と思っていることでしょう。
本丸跡

天守台を眼前に仰ぐこの場所は千畳敷と呼ば
れ、安土城本丸跡と伝えられてきた。昭和16年
と平成11年の二度にわたる発掘調査の結果、
東西34m×南北24mの範囲で碁盤目に配置さ
れた119個に建物礎石が発見されたそうです。
礎石の配列状況から、中庭をはさんで3棟に分
かれると考えられるこの建物は、天皇の住まい
である内裏清涼殿と酷似していることが分かっ
たそうだ。
「信長公記」には天主近くに「御幸の御間」と呼
ばれる建物があり、内部に「皇居の間」が設け
られていたことが記されているそうであり、この
本丸建物こそ、天皇行幸のために信長が用意
した行幸御殿だったのでないかという説が浮上
している。
「あと18段です 天主跡まであと一息です頑張
って」の看板に励まされ、最後の石段を上ります
安土城天主台跡

完成からわずか3年後に焼失した安土城。その
後は訪れる者もなく、長い年月の間に瓦礫と草
木の下に埋もれてしまいました。昭和15年に初
めて調査の手が入り、厚い堆積土を除くと、往
時そのままの礎石が見事に現われたそうだ。
この時に石垣の崩壊を防ぐため若干の補強が
なされた他は、検出した当時のまま現在に至っ
ているそうだ。
安土城天主は記録によれば、地上6階、地下1
階の、当時とすれば傑出した高層の大建築物
であったそうだ。礎石が露出している部分は地
階部分であり、天主台の大きさはこれよりはる
かに大きく2倍半近くあったそうだ。
現在では、石垣上部の崩壊が激しく、その規模
を確かめることは出来ませんが、右の建設当時
の天主台復元図から、その規模の大きさがうか
がえる。
こうなると、安土城がどんなものだったか知りた
くなります。帰途、安土駅前の安土町城郭資料
館に立ち寄ったところ、内部に安土城の20分の
1のひな型が展示されていた。
「信長公記」によると、六重め、八角四方あり、
外柱は朱なり、内柱は皆金なり。上七重め、三
間四方、御座敷の内金なり、そとがわは是又金
なり。と書かれているそうで、その通りに再現す
るとこうなったようだ。
ど派手な城に驚きましたが、信長なら有りえると
思いながら帰阪しました。

              終

メニューに戻る