ユニークな忍者駅舎:油日駅

 2011年9月26日、日野ダリア園からの帰りに立ち寄ったJR(西日本)草津線の油日駅は、滋賀県の最南端の駅である。この駅から次の駅へは、南下すれば三重県の柘植駅、北上すれば滋賀県甲賀市の甲賀駅という位置にある。

 甲賀といえば甲賀流忍者の里であり、かわいいチビッコ忍者が出迎えてくれます。
 この駅には改札が無く、この扉一枚向こうがホームとなっており、路線は単線で、上り下り両方共このホームを使用しているそうです。
 駅長さん?らしき人の説明によりますと、昔は蒸気機関車が停車していたので、機関車・石炭車・客車8両つなぐとプラットホームは結構な長さが必要で、この駅のホームの長さは220mもあるとのこと。

 しかし、この駅の最も顕著な特徴は外観にありました。
 忍者の里・甲賀らしく、巻物をくわえて印を結んでいるような外観を持つこの駅舎は、40年以上使われた旧駅舎が老朽化したため、全面改修するにあたり、新駅舎のデザインの公募を行い、その結果、甲賀町内の小学生(当時)の案が採用され、平成14(2002)年に完成、住民のコミュニティーの場としても使われているそうです
 丸窓には手裏剣が描かれています。手裏剣にもいろいろな形があるそうで、各窓には違った手裏剣模様が入るなど、遊び心が随所に施された駅舎である。
油日(あぶらひ)
所在地: 滋賀県甲賀市甲賀町上野1453
所属: JR西日本・草津線
駅構造: 地上駅 単式1面1線ホーム
TEL: 0748-60-2690 (甲賀市観光協会)

メニューへ戻る