和歌山レトロ 南海電鉄鋼索線:高野山駅舎 [INDEX] [←] [→]
建築年 昭和3(1928)年
設 計 不詳
施 行 不詳
所在地 伊都郡高野町大字高野山国有林第九林班ノは
構 造 木造2階建
備 考 国登録有形文化財
撮 影 2006年7月5日
「紀伊山地の霊場と参詣道」として、世界遺産に登録された高野山参詣の玄関口の駅。木造2階建ての洋風建物だが、高野山という立地に配慮してか、屋根に宝珠をのせるなど寺院風の意匠としている。どこかで見た感じだと思ったら、JR旧奈良駅舎との共通点が見受けられる。
正面 構内