和歌山レトロ 湯浅小学校講堂 [INDEX] [←] [→]
建築年 昭和11(1936)年
設 計 不詳
施 行 不詳
所在地 有田郡湯浅町湯浅1570
構 造 鉄骨平屋建
備 考 国登録有形文化財
撮 影 2006年8月24日
大正末期に行なった男女両校の合併で旧講堂が手狭になり新築された。この建物の特徴は、切妻の大きな屋根と正面玄関の三連アーチのポーチ、ならびに凹凸のある側壁である。この側壁は横羽目板張りとし、板と板の境目は細い板で覆われており、これが重厚な印象を与えている。
凹凸のある側壁