城跡探訪・八尾城

近鉄大阪線・八尾駅から線路沿いに大阪方面に向かって歩くと約5分程で八尾神社の裏参道前に着く。
この神社の境内が城跡であると云える証拠物件を求めて境内をうろつきますが、目についたのはスイセンの花位で、あっという間に正面入口にたどり着いてしまいました。
神社を訪れた証拠にと、鳥居の写真を撮っていて気づきましたが、左側に解説板(石板)が設けられています。

以下に解説板の内容を転記します。




祭神は宇麻志麻治命で延喜式内社である。
 この地を本拠とした物部氏の一族、栗栖連がその祖神を祀ったものであろう。古くから西郷・木戸両村の氏神で明治四十一年(一九〇八)に八尾神社と改めた。
 八尾は、古くは矢尾・矢生・箭尾とも書かれ、物部氏の一族で矢作りに従事した「矢作部」がいたといわれ、また尾先が八枚に分かれた鶯の名所であったことから地名となったとも伝えられる。
 社殿の横には「矢尾城址」碑がある。 

八尾市教育委員会
解説板の「社殿横には矢尾城址碑がある」を見て、慌てて引き返します。先ほどこの横を通過しましたが八尾が矢尾となっているのと、しめ縄がかかっていることとで、神社の何かだろう・・・・と思いこみ、はっきり確認せずに通過してしまっていました。
南北朝時代の初頭、建武四年(1337)に、八尾城攻めが明確に古文書に登場してくるから、創築年代はさらにさかのぼる。創築者は土豪として八尾一帯に勢力を張った別当兼幸(顕幸)と考えられているが、当時の城の構造などは不明である。戦国時代に入ると、河内国は高屋城(羽曳野市)・若江城(東大阪市)の両城が最重要城郭として活用され、八尾城をはじめとした諸城の戦略的位置は重要視されなり、八尾城に関しても15〜6世紀に若干の記録があるのみで、その具体的な姿は不明である。その後、八尾j城がふたたび歴史の舞台に登場するのは、織豊時代、池田丹後守教正の居城としてである。池田教正は天正元年(1573)、織田信長が三好義継を攻めた時、野間・多羅尾両氏と共に信長に内応し、このため義継は自害して果てた。このあと池田教正は若江三人衆の筆頭として若江城を預かった。信長の石山本願寺攻めが完了すると、池田教正は若江城から八尾城へと居城を移す。八尾城は、この年か前年に池田教正が古城跡に再築したと思われる。教正は、同十二年、長久手合戦ののち美濃に移っており、その後の八尾城の様子は判然としない。
   「日本城郭大系12」より抜粋
(八尾城の所在地については、別に八尾市八尾座・所在説もある)
その他、境内には「城ありし こと 知ってゐる 冬木かな」の句碑がありました。
これが、その木の切株でしょうか? 境内の真中に居座っていました。
八尾城址(八尾神社)
所在地 大阪府八尾市本町7丁目7-27
交通 近鉄大阪線・八尾駅から徒歩約5分
訪問日 2016年1月6日
メニューに戻る