城跡探訪・山崎城(山城国)

 山崎城は西国街道を眼下に見下ろす北摂山塊の最東端、天王山の山頂(標高270.4m)に位置し、山陽道を摂津国から入京する喉元を扼する要衝の地であった。したがって、その起源も古く南北朝初期にさかのぼり、建武五年(1338)六月に播磨守護・赤松則村の子則祐に提出された林直弘の軍忠状に「山城の国山崎警固の事・・・・・・」とあるのが初見である。
 天正十年(1582)六月、本能寺の変の後、備中国高松城から長駆して京都にせまった羽柴秀吉らの連合軍に対して、明智光秀はいったん男山と当城とを占拠するという優位に立ちながら、前日になって淀・勝竜寺両城へ引き下がるという消極策を採ったため、天王山を占領した秀吉方がいっきょに優勢となって光秀は逃亡した。その後、秀吉は翌十一年六月に摂津国大坂城に移るまで当城を本拠とし、南麓の宝積寺一帯には家臣団が集住していたと想像される。  
  日本城郭大系  第12巻 新人物往来社編より抜粋
 
2016年11月28日

本日は城跡がある「天王山・山頂」を目指してのハイキングである。
JR山崎駅から北東に進み、踏切を渡ったところの「天王山・登り口」に立つ。
先方の紅葉が見える辺りに「宝積寺ルート」と「大山崎美術館ルート」との分岐点があるが、比較的傾斜が緩いと云われている「美術館ルート」を選択しました。
   
美術館入口の少し手前に「秀吉の道」と記された陶板画が設置されています。これは秀吉が「本能寺の変」から「天王山の戦い」を経て天下を取るまでの経緯を陶板画と堺谷太一氏の解説文で表したもので、ハイキングコースの途中と頂上の合計6か所に設置されています。

陶板画と解説文は大山崎町のHPでご覧下さい。
 
美術館前を過ぎ少し歩くと山道へと導かれる
 
雨上がりのため落ち葉と岩で足が滑る
 
青木葉谷広場という休憩所にも陶板画がある
 
ここからは遠くに「あべのハルカス」が望めます
 
さらに進むと「山崎合戦の地」の石碑前に出る
 
旗立松展望台
 
天正十年六月十三日午後四時頃、この山裾で「天下分け目の戦い」が切って落とされた
 
羽柴秀吉は天王山に駆け登り、味方の士気を高めるために松の頭上高く軍旗を掲げた。これを見た羽柴軍は一気に敵陣内に攻め入り、明智軍はその結果防戦一方となり総くずれとなってしまった。

その初代と伝えられる松も、明治中頃まで原木の姿をとどめていたが朽ちてしまい、三回の植樹を経た昭和63年、再び枯れたため国民体育大会を機に五代目の旗立松を植樹し、現在に至っている。
旗立松
 
現地案内版より
 
こんな坂道を上り切り、なおも進むと
 
まもなく山頂だ!
 
ついに山頂に到着です。ここが主郭と呼ばれている所のようです。
 
山崎城跡の解説板
 
解説板の縄張り図
 
天守台
 
山崎城の井戸跡↑

 天正十(1582)年六月十三日に勃発した山崎合戦の直後から合戦の覇者、羽柴秀吉は天王山山頂一帯に山崎城を築城しました。その一角に設けられたのがこの円形石積み井戸と伝えられています。
 本来は地上部に木製の井桁が組まれ、水を汲み上げるための釣瓶もあったと思われますが、城の廃城とともに失われたと考えられます。完成当時の深さは不明ですが、三十年程前(1980)には五メートル程度の深さでした。山頂に掘られた井戸であることから地下水が湧き出るとは考えられず、雨水を溜めて利用していたのではないかと思われます。
大山崎ふるさとガイドの会
山頂碑
 
現地案内板より
 
主郭西側の削平地
 
その北西側下には石垣が見られる
 
天守台の裏側に回ってみましたが、ここにも石垣があったのでは・・・と思われる
 
竪土塁(上から見下ろした所・両側は谷)
 
上図の虎口(城郭の入口)aかと思われる
 
復路は宝積寺コースを辿ります
 
秀吉・出世石 秀吉が腰かけた石とのこと
 
社務所で購入できます(100円)
 
この寺の紅葉が結構きれいです
 
レトロなJR山崎駅舎
 
大阪方面行のホームに大阪-京都の境界標識がある
 
山崎城跡(天王山山頂)
所在地 京都府乙訓郡大山崎町
交通 JR山崎駅/阪急大山崎駅から徒歩
見学 自由
メニューに戻る