城跡探訪・和歌山城 

2016年7月22日

JR和歌山駅からバスに乗り公園前で下車すると、目の前に和歌山城跡の立派な堀と石垣が横たわっています。

ここへは2013年3月、桜の時期に訪れましたが、桜と天守閣を撮っただけで引き上げていました。

今回は桜がありませんので、城内の見どころを紹介させていただきます。
一の橋大手門

大手門とは城の内郭(ないかく)に入る正面の門。浅野期の途中から大手として機能した。当初は市之橋御門(いちのはしごもん)とよばれていた。寛政八年(1796)に大手門及び一の橋と改称される。
明治四十二年(1909)五月に倒壊するも、昭和五十七年(1982)三月に再建。翌年三月には一の橋が架けかえられた。
大手門を入った所の案内板
岡口門

築城時は大手門だったが、浅野期の途中から搦手門(からめてもん・裏門)となる。現在の門は元和(げんな)七年(1621)、徳川家が建造した二階建ての門である。
岡口門は空襲でも焼けずに残った旧藩時代の数少ない遺構で、北側の土塀とともに昭和三十二年(1957)に重要文化財に指定された。
和歌山城

 天正十三年(1585)、羽柴(豊臣)秀吉が紀州を平定し、弟の秀長に命じて岡山(虎伏山)の峰に創建したのが和歌山城である。藤堂高虎らが普請奉行を勤め、高虎が手がけた最初の本格的な近世城郭といえる。秀長は大和郡山を居城としたため、鍬山重晴が城代を勤めた。秀長家が途絶えると、桑山氏が城主となる。豊臣・桑山時代に山領(さんれい)部分や岡口の整備に取り組んだ。
 慶長五年(1600)関ヶ原の戦いの後、浅野幸長が37万6千石の領主となり、城の大規模な増築を行った。連立式天守閣を建て、現在の本丸・二の丸・西の丸に屋敷を造営。大手を岡口門から一の橋門に変え、本町通りを大手筋として城下町を整備した。
 元和五年(1619)、徳川家康の十男・頼信が55万5千石を拝顔して入国し、御三家紀州藩が成立する。二の丸を拡張するため西内堀の一部を埋め立て、南の丸・砂の丸を内部に取り入れ、ほぼ現在の和歌山城の姿となった。
紀州徳川家は「南海の鎮」として西日本を監視する役割を担い、八代将軍吉宗、十四代将軍家茂を輩出した。
 明治四年(1871)の廃藩置県により、和歌山城は陸軍省の管轄となる。明治三十四年和歌山公園として一般に公開され、昭和六年(1931)に史跡に指定された。
天守二の門(楠門)
天守閣

 和歌山城天守閣は、大天守、小天守、乾櫓、二の門櫓、楠門を多聞によって連結させた蓮立式天守閣である。
各層の屋根には唐破風、千鳥破風を配し、上層階には物見のための高欄をめぐらし、大天守の隅には石落としを設けるなど、江戸初期頃の様式を残している。
 とくに、和歌山城天守閣の特徴は、ひし形の敷地に左右され、乾櫓と大天守が張り出し、城下の北東と南西からの姿に雄大さを増すように工夫されている。
 現在の天守閣は、昭和二十年七月に戦災で焼失した天守閣(国宝)を昭和三十三年七月に鉄筋コンクリート造で復元したものである。
小天守と大天守
@小天守 A大天守 B多聞 C天守二の門(楠門) D二の門櫓 E乾櫓 F御台所
乾櫓:石落としが目立つ 多聞:北側
埋門(うずみもん)

 城の石垣などの下方をあけて門にした形式を埋門と呼ぶ。
 和歌山城では天守閣の裏側が埋門である。埋門は、御台所とよばれるこの場所から、水の手へと通じる門としてつくられたようだ。水の手には黄金水とよばれる井戸がある。城が攻められて、いざ籠城となると、水の確保が大変重要となり生命線になるため天守閣から一番近く大切な井戸は黄金水と名前がつけられたようだ。
 国宝に指定されていた和歌山城天守閣は、昭和二十年(1945)七月和歌山大空襲で全焼した。埋門も外側の扉は焼けてしまったが周りの石垣はのこり、埋門の姿をとどめている。
不明御門跡

昔は通常閉じられたままだったので、「あかずごもん」とよばれていました。遺体や罪人などを出す不浄門として使われたようです。
元和五年(1619)に徳川頼宣が入国し、同七年幕府より銀二千貫を贈られて城を拡張しました。不明門もその際に建立され、東側には南堀(現、空堀)を堀りましたが、西側は砂丘で水堀を掘れず、高石垣を築きました。)
追廻門(おいまわしもん)

追廻門は西から和歌山城(砂の丸)に入る門で、大手門の反対側の搦手(からめて)に位置します。門を出て道を隔てた外側に、馬術を練習する追廻があったので、この名がついた高麗門形式の門で、上の「不明御門」と同時期に建立されたもので、岡口門とともに空襲でも焼けずに残った旧藩時代の数少ない遺構です。追廻門は藩主が座る二の丸御座之間の南西に位置し、陰陽道の裏鬼門にあたるので、除災のため朱色に塗られたと考えられています。
名勝・西ノ丸庭園

 この庭園は紀州徳川版租頼宣公が西之丸御殿に築造したもので、昔から紅葉渓の名で親しまれてきた。浅野時代に築かれた内堀の一部と虎伏山の山稜地形を巧みに利用した起伏の変化に富んだ庭で、南西の高台地には雄健ま三つの滝とその落水を導く渓流、美しい出島と巨大な舟石が浮かぶ池、などからなる。
御橋廊下(おはしろうか)

 御橋廊下は、藩主とお付きの人だけが二之丸と西之丸を行き来するために架けられていた橋で、屋根を設け、外から見えないような作りになっていました。斜めに架かる廊下橋としては、全国的にもめずらしい構造です。
 和歌山市では、和歌山城整備計画の一つとして平成11年(1999)から御橋廊下復元工事のため史料調査や発掘調査を行い、堀底から礎石や瓦などが出土しました。これらの成果にもとづいて、御橋廊下が復元されました。
御橋廊下入口 御橋廊下の内部
和歌山城・道案内マップに「石段を上る人の形の・・・・・?」という文字を見て、その場所(裏坂・上り口付近)に行ってみました。

石段の隙間から出た木の根っこが、必死に石段をよじ登ろうとする小人さんに見えます。思わず「がんばれ!と声をかけたくなります。
今回は公園口から入城しましたが、下からは天守閣が全く見えませんでした。虎伏山と和歌山城天守閣が一緒に見える所がないかと思い、和歌山市役所の方向に歩いてみると、虎伏山・山上にそびえる天守閣と御橋廊下が一緒に望める所がありました。
訪問日:2016年7月22日
(上記解説文は和歌山城パンフレット及び現地解説板による)
和歌山城
所在地 和歌山市一番丁3番地
TEL 073-422-8979
天守閣
入館料
大人(高校生含む):410円 小・中学生:200円
(公園内は散策自由です)
開館時間 09:00〜17:30 (入館は17:00迄)
休館日 12月29日〜12月31日
交通 JR和歌山・南海和歌山市駅からバスで
「公園前」下車すぐ
駐車場 有り・58台(有料) 和歌山公園駐車場(上の地図で不明門と記された下) 
メニューに戻る