城跡探訪・若江城

若江公民館前に解説板がある
 
城跡地図
 
若江城

若江城の名が歴史上記録された時期は、大きく二つの時期に分けられる。最初は創築者・畠山氏の時代、第二の時期は天文(1532ー55)〜天正(1573−92)年間である。
公民館横の城跡碑
 
若江城は明徳二年(1380)頃、河内守護・畠山基国が北朝方の拠点として築城し、代々守護代遊佐氏を置いて領国守護にあたらせた城であった。
宝徳二年(1450)、基国の孫・持国は実子義就を跡継と定めて隠居したが、畠山家の有力家臣らは養子・政長を推して、細川勝元の支援の下に、これに対立し、両者はこの若江城の争奪をくり返した。文明九年(1477)、若江城は義就方の占領するところとなったが、その後の推移は不明である。
公民館の道路向かいに小さな神社?がある
 
次に若江城の名が現れるのは、天文初年のことで若江城は近江守護佐々木六角氏麾下の若江下野守兼俊の居城であった。その後、堀江河内守時秀→若江河内守実高(天文十一年頃)→若江下野守行綱→堀江河内守実達<弘治三年(1557)>→山田豊後守定兼<永禄四年(1561)>と替わり、その後、三好長慶の手に落ちたようで、永禄十一年頃、長慶の子・義継が若江城に入城している。
若江城の文字が見える
 

永禄十一年、織田信長が足利義昭を擁して入洛を果たした。そして信長は摂河から三好三人衆を追い、河内国を二分して北半分を若江城の義継に、南半分を畠山昭高に与えた。

天正三年四月、織田信長は若江に着陣し、河内の諸城の破却を命じたが、若江城は石山本願寺攻めの重要拠点として残された。翌四年五月の石山本願寺攻め・同五年二月の和泉・雑賀攻め・同六年九月の堺出張と、信長は毎年摂河泉に出馬したが、その度に若江城に着陣・宿泊した。

しかし、若江城の存在を文献上で確かめうるのはここまでで、天正九年にはその姿はすでに消えていた。イエズス会の1581年4月14日(天正九年三月十一日)付のルイス・フロイス書翰は、若江城について、「ここは今城も何もなく、唯多数の住民が居る町のみがあった」と記録が残っている。どうやら若江城は天正八年四月〜翌九年三月の間に破却され、城の機能は再建された八尾城に移されたようである。

立派な城跡碑である
 
昭和四十二年、若江公民館の建設工事の際、室町時代の古瓦や土釜を積み上げた井戸が発見され、多量の遺物が検出された。同四十七年十二月から翌年三月にかけての若江小学校の校舎増設工事に伴う発掘調査で、敷地500uのほぼ全域にわたって五基の井戸・柱穴(建物跡)・堀と推定される溝などが発見されたことと、おびただしい出土遺物の多数が中世遺物であることなどから、この地域が若江城跡であることが確定的となった。
現地解説板に掲載の写真
 
若江城字切図から大体の城域が推定できる
上図の下方に載る若江鏡神社に寄ってみました。
東大阪市の有形文化財である本殿横の解説板には、若江城の時代に畠山氏が大いに崇敬したといわれています・・・・と記載されています。
解説文・地図面は日本城郭大系12大阪編「若江城」より抽出
若江城跡
所在地:大阪府東大阪市若江南2・若江本町3他
交通:近鉄奈良線・若江岩田駅より徒歩約20分
訪問日:2016年7月11日
メニューに戻る