城跡探訪・馬堀城

「日本城郭大系」の地図と本文によりますと

国鉄山陰線馬堀駅で下車すると南側に見える崖上の一帯が馬堀城の本丸跡で、馬堀駅は山陰線開通の際、本丸北側の一段下がった郭を削り取り、平地を造成して造られたものである。そして本丸は一段高く、西側に一段下がって徳寿院がある。
 
 
と記されていますが、先日訪れた所、駅前には崖などなく、少し上り坂ではあるが広々とした空間があるだけでした。↓
 
城跡も壊されてしまったのだろう・・・・と思い、その時は引き揚げました。
 
しかし後日、馬堀駅舎の事を調べてみると、「この駅は昭和十年(1935)に新設開業されましたが、平成元年(1989)に嵯峨野駅から当駅まで複線に切り替、駅舎は現在の場所に移転」との記事を見つけました。その後、新駅と旧駅との位置関係を調べた結果、下図のような結果を得ました。(赤色が現在の駅舎)
現在の地図でこの辺りを見ると↓
どうやら篠町馬堀駅前1-5に旧駅舎あったことになり、その
道路の南側が本丸跡で、西側に徳寿院も現存しているようである。
 
2017年4月20日、再び馬堀駅に降り立ちました。
旧駅舎跡と廃線跡は駐車場や小公園となっています。
 
そして、それらの南側は、道路を隔てて確かに高台となっている。
この上が本丸跡のようですが、どうやら何軒かの民家とその庭になっているようです。
 
本丸跡を南西部から望む。道路の右側は暗渠になっているが堀跡かと思われる。
西側の一段下がった所の徳寿院 暗渠の蓋の隙間からは水流が見える
 
町中で堀跡らしき流れを発見 駅のホーム下をくぐる堀跡
 
「山田金左衛門家文書」によると、天正年間(1573〜92)、山田家の先祖・城割代官山田五兵衛なる人物が当城に拠っていたことが記されている。そして馬堀村は築城工事のための大工が集住する大工村となって亀山城築城に当たっており、五層の天守を完成させたといわれているが、その後山田氏一族の名は築城の秘密を守るためか消されており、代が替わった後も山田家は亀山城の絵図面を提出せよというきつい達しを受け、男子は姿を消したといわれている。
 
馬堀城跡
所在地 京都府亀岡市篠町馬堀北垣内
交通 JR山陰本線・馬堀駅下車すぐ
メニューに戻る