城跡探訪・筒井城

2016年12月8日

近畿日本鉄道・筒井駅から筒井城跡を目指します。改札を出た所に左のような地図の掲示があり、大体の道のりを頭に入れて「シロ畑」と記された所を目指します。

吉野街道に入り、主郭部の入口を探して北上しますが、民家が立ち並んでいるだけで、それらしき所が見つかりません。

一度バックして南側からの侵入を試みましたが、結局は吉野街道に出てしまい、侵入不可能です。
最初には気づきませんでしたが、こんな案内表示が見つかりました。筒井城址至と書かれた矢印の方向には細い行き止まりのような路地があるのみで、民家の玄関口のようにも見えますので、侵入を渋っている所に、ちょうど後ろの民家からご婦人が出てこられたので、城跡への道順を伺うと・・・・
そこの路地を入って行ってください。突当たりに見えるけれども、左に道が続いているので、そこを曲がると、また突当たりに見える場所に民家の玄関扉があるが、かまわず進むと、今度は右に曲がれるので、そこを進むと城跡碑の所に出ますよ・・・と教わりました。
その通り進むと城跡碑が見えてきて いきなり城跡碑とのご対面となりました
城跡碑の後ろは畑地(シロ畑) 細い道の右側はハス池のようです
城跡碑横の細道を進んでいくと東側に民家が建ち並ぶ比較的広い道路にでます。
その道路をシロ畑を左に見ながら北に進んで行くと、フェンスで囲われた一角に、まだ新しい解説板(平成26年1月設置)が設けられていました。


解説板の内容(抜粋)を下に記します。

筒井城と筒井氏


 筒井城は、主郭部を取り囲む内堀のほか、周囲の広い範囲を大きく外堀で取り囲む「惣構え(そうがまえ)」と呼ばれる構造を取っています。外堀で囲まれた範囲は東西約500m、南北約400mに及ぶ広大なもので、奈良県内の中世平地式城館の中では最大級の規模を誇ります。また、筒井城のある場所は、東西に走る奈良街道と南北方向の吉野街道が交わる部分にあたり、交通の要衝を押さえています。
 城の中心となる主郭部は、この案内版があるフェンスで囲まれた区域から東側の菅田比賣(すがたひめ)神社を含む東西約120m、南北約100mの範囲と想定されます。主郭の周囲には内堀が巡らされ、中心部に城主が住む館がありました。主郭部の北には大型の宅地割りが並んでおり、ここに筒井家の重臣が住んでいたものと思われます。
 筒井氏が文献に初めて現れるのは15世紀初頭のことですが、発掘調査により、14世紀中ごろにはすでに主郭を取り囲む幅約6m、深さ約2mもの大規模な堀(内堀)があったことがわかっています。
 一方筒井氏の祖とされるのは筒井順覚で、市徳三年(1386)の文献にその名が記されています。しかし、これをさかのぼる康永二年(1343)の文献にも、筒井氏と思われる武士2名(純真・順円)の署名があることが、近年の研究で明らかになりました。すなわち、筒井城と筒井氏は、共に14世紀中ごろに歴史の表舞台に現れるということになります。
 筒井城最後の城主となったのは、筒井順慶(1549〜84)です。順慶は苦戦の末、大和に侵攻した松永久秀に打ち勝ち、天正四年(1576)、織田信長によって大和国支配を任じられました。天正八年(1580)、筒井城は織田信長の命によって破却され、筒井氏は居城をここから約約3・5q北にある郡山城に移しました。
解説板に載る概要図・・・・この地図の方が虎口(左中程)や内堀・外堀の位置がよく分かります
地図・左側の内堀跡(現在はハス池) 地図・右側の内堀跡
地図上部の外堀跡
菅田比賣(すがたひめ)神社

この神社の東側(左)でも内堀跡が確認できます
筒井城跡
所在地 奈良県大和郡山市筒井町
散策 自由
交通 近畿日本鉄道橿原線・筒井駅下車
徒歩約4分
メニューに戻る