城跡探訪・大和椿井城

大和西宮城跡から望む東側山上に 何か旗のような物が見えます
何に?・・・と思いながら山側に進むと「椿井(つばい)城跡」の案内標識があり、矢印にしたがって
進むと・・・・
  
こんな井戸があり解説板が設けられています
椿井井戸    解説板の内容を略記します↓
 今も清水が湧出する井戸で、聖徳太子とへ平群神手将軍の逸話が伝えられている。
 物部守屋を征伐する際に苦戦し、神手将軍が領地のこの地に椿の杖を突き立て、戦勝を祈願されると、一夜にして杖が芽吹いて葉が茂り、傍から冷泉が湧き出し、汲めども尽きなかった。これは戦いへの瑞祥であると大いに喜ばれ、太子と共に飲まれた。兵士達にも振舞ったところ士気が大いに上がり、守屋戦に大勝することが出来たという。以来、「椿井」と称して大切にされ、地名の典りとなっている。
 
井戸から少し上った所に椿井城登城口があったが、落葉が堆積していて普通の靴では滑って上れません。よって後日に、また出直すことにしてこの日は退散です。
 

 
2017年2月29日
 
 簡単なアイゼンと杖代わりの一脚を持参して再度、椿井城登山口にやってきました。
しかし、前に来た時に「ご案内」をちゃんと読んでおくべきでした。看板には、「見学者の増加で椿井城の遺構が傷んできており、南郭部分より順次、柵等を設置して見学路や保護部分を区切り、遺構の保護作業を進めます。北郭部分は平成25年4月1日より当面、見学を制限します。平群町教育委員会」と記されています。しかし、間もなく4年になるので、作業はもう終了しているだろうと思い登山を開始しました。
 
右側は谷・・・こんな怖い所↑もある
眼下に大和西宮城跡(平群中央公園)を望みながら、どんどん高度を上げていきます。
ここで「椿井城」について、「日本城郭大系・第10巻」より要図と解説文を紹介しておきます。
 椿井城は、平群谷の南部、龍田川の地峡に北から迫る山稜に占拠する。平群谷には室町時代に曾歩々々・平群・嶋の諸氏が割拠していたが、戦国時代に嶋氏が一頭地を抜きんでた勢力に成長していたようである。文明十八年(1486)十二月に嶋氏が椿井氏を倒したという所伝があるが、椿井氏の居城が当城の前身に当たるかは確かめられない。当城が平群谷に占めるずば抜けた戦略的優位性、縄張りの規模からみて、嶋氏が筒井氏の傘下で平群一帯を制圧した頃の築城であると考えられる。多分、筒井三家老の一つとされ、のち石田三成に仕えた島左近の代に整備されたものと思われるが、本来の居城は大和西宮城で、その詰城として出発したものであろう。
 城跡は典型的な連郭式山城で300m(標高)を超える城域は、途中の鞍部で二分され、北群が中心である。郭はいずれも小規模であるが、本丸相当の最高所の郭は、小段差で鞍部の平場へと続き、その北の郭と一体となて機能しているので、合わせて長さ69mの郭となる。主要な郭には土塁が残る。特に最南端の郭は、南縁の土塁中央が開口し、土橋につないでおり、必要最小限の箇所に巧みに土塁を用いたことがわかる。堀切は5本もあり、いずれもほぼ同形の薬研堀で、南端のものを除いて土橋はない。
山道が平坦になった所を少し進むと、堀切とそれを横ぎる土橋が現れました。すべらないように緑色のシートが敷かれています。
 
最南郭の削平地
 
南郭からの展望
 
下から見えていた旗と工事中の区域
 
南郭群への急な道(ロープに頼って上り下り)
 
堀切
 
石垣が崩れた跡か?
 
石垣跡
 
郭群の一つ
 
北の主郭まで190mの地点までやってきましたが、ここから先は立入禁止のようで、立ち入れないようにロープが張ってありましたので、残念ながら引き返します。
北郭は、また機会があれば訪れてみたいとは思いますが、喜寿を迎えた私には、この山を上り下りするのは、もう無理かもしれません。
椿井城跡
所在地 奈良県生駒郡平群町椿井
交通 近鉄生駒線・竜田川駅から
 徒歩約50分
メニューに戻る