城跡探訪・陶器城

南海電鉄高野線の北野田駅から徒歩で約25分、東陶器小学校のグランドの向こうに、樹木が生茂る森のような一角が見えてきます。あれが陶器城跡のようです。
東陶器小学校のグランドから道路を挟んで東陶器公園という子供用の遊具が設けられた公園となっていて、その南側が陶器城跡ですが、立入を禁じる看板とともに背の高いフェンスに忍び返し?まで付け、入城者を固く拒んでいる。
フェンスの網目から内部を撮ってみました。
本丸北側の土塁
フェンス内は堺市指定保存樹林となっていて、ばかデカい「クスノキ」が目立ちます。
北西側曲輪内の土塁
解説板によりますと

陶器城跡は、鎌倉時代の終わり頃、北条氏の家臣・陶器左衛門尉の居城でしたが、元弘三年(1333)1月15日に楠木正成一族に攻め滅ぼされました。また観応二年(1351)7月、には南朝方の和田助氏(にぎたすけうじ)と淡輪助重が北朝方の拠る陶器城を攻めています。
 明治時代に描かれたと思われる絵図によれば、城域は南北約190m、東西約160mで堀と土塁に囲まれた本丸跡(約26㎡)を中心にして北西と南東にそれぞれ長方形の曲輪(くるわ)が突き出ています。城の周囲は堀(北西の曲輪幅約6m・南東の曲輪幅約8m)と土塁(北西の曲輪約1.5~2m・南東の曲輪約12m)によって囲まれています。南東の曲輪には幅4~6mの武者走(土塁の内側に設けられた通路)、南部には虎口が設けられていたことがわかります。
 北西の曲輪は東西約約37m、南北120mの規模ですが、この絵図が描かれた当時でも田畑の開発によりその周囲を巡る土塁・堀の一部が削られたり埋められたりしていたことがわかります。
 室町時代以降の陶器城についてはよくわかっていませんが、絵図に見られる武者走・土塁の規模などから恐らく戦国期に改修を受け、絵図のような形態になったのではないかと思われます。
 現在でも城跡の遺構がよく残っており、中世城郭を研究するうえでたいへん貴重です。
陶器城の古図
堺市教育委員会発行・堺市文化財調査概要報告書より
陶器城跡範囲推定復元図 (堺市教育委員会発行・堺市文化財調査概要報告書より)
 
陶器城跡
所在地 堺市中区陶器北
交通
(徒歩)
南海高野線・北野田駅より
徒歩約25分
交通
(バス)
南海高野線北野田駅より
南海バス・東山車庫前行きで福田中下車・南へ約400m
訪問日 2016年7月1日
メニューに戻る