城跡探訪・十市城

 十市(とおいち)城跡は、近鉄「新ノ口(にのくち)駅の東北約1kmの所にある。十市の集落の北の字「城垣内」の」水田の中に約70m四方の微高地がある、これが城跡の内郭といわれる。この部分が中央やや北寄りになるように225m四方の線を引くと、地名・地字と符合してくるので、この範囲を城域と仮定してみる。その南は「市場」で城下市場の跡と思われ」、現在、集落も東西街路沿いにその面影を残して存在する。これらを含める外郭があったとすると、430m×550mの地割りが地目・里道などから適合的である。
水田の中の微高地(内郭)
 
その微高地内に立派な石碑が建っている
 
 十市氏は至徳元年(1384)の『長川流鏑馬日記』に名の見える大乗院方の国民で、長谷川方の刀禰であった。大和永享の乱以来、筒井氏と組んで戦乱のなかを成長し続け、天文十四年(1545)に死んだ遠忠の時代に最盛期を迎えた。十市城は、おそらく永享の乱前後に、、上に推測した70m四方規模の居館から二町四方規模の城郭へ発達し、遠忠時代に城下集落を囲む総構えの大規模な平城に発達したものと思われる。松永久秀の入国後は松永・筒井両氏の間を動揺し、開城・復城をくり返し、天正四年(1576)三月、織田信長の武将塙小七郎・原田備中守に接収され、内衆は森屋城へ移り、知行を6文の1に削られた。
解説文は「日本城郭大系・第10巻」より転載
  
現地には城跡碑があるだけで、解説板などは一切設けられてませんが、上の地図を見て、上方の水路の長さが約400m強あることで、これが北端の城の堀だったのではと思います。西側の水路も以前は堀であったのでは・・・と思い、周辺を歩いてみました。
北側の水路
  
西側の水路
 
城跡碑の南西側には大邸宅が建ち並びます
 
以前は十市氏の重臣達の住まいだったのでは?
 
南側の水路も道路を含めて堀だったのでは?・・・と思います。
   
十市城跡
所在地 奈良県橿原市十市町
交通 近鉄橿原線・新ノ口駅から徒歩約15分
メニューに戻る