城跡探訪・富松城

兵庫県尼崎市の市街地にこんな所がある
北側の水堀跡
西側の水堀跡
 
北側から望む土塁
 
 富松城の名が文献にひんぱんに登場するのは、永正十六年(1519)に始まった「細川澄元」と「細川高国」の争いを記した『細川両家記』・『足利季世記』などである。
 その後、争いは「細川晴元」とその家臣・三好氏との内紛に移っていき、天文十九年(1550)には三好長慶が富松城に入城する。
 富松城の廃城時期は不明だが、のちに越水城の属城となり、織田信長の摂津進攻で三好党が越水城を放棄するまでは三好方の武将が入っていたと考えられる。
 『立花志稿』には「富松氏家譜」として「富松重晴・摂州富松城主大和守正四位左中将天正四年八月三日卒、云々」とある。このことから富松城は天正年間(1573〜92)も存続していたようである。
 昭和三十八年(1963)に園田・西武庫線の道路工事に伴い、富松城跡の調査が行われ、城跡は東西80m×南北100mの方形館跡で、周囲には水堀・土塁がめぐらされている。また、この時、富松古墳といわれていた部分の調査も行われ、焼土層から焼けた瓦や装飾品など、室町時代の遺物が出土した。

 現在、城跡西側水堀跡を道意線道路が南北に走り、中央部を東西に園田・西武庫道路が走っており、北側は宅地化している。現在土塁は南北47m・幅10m・高さ4mで富松城の南西隅にある。
 なお掲載の要図は、地籍図(明治八年.1875)、計画道路(昭和二十九年・1954)・城跡調査図(昭和三十八年・1953)および現状・伝承などに基づいて作成した復元図である。


「日本城郭大系12」新人物往来社刊より抜粋

富松城要図は「日本城郭大系12」より転載
富松城要図
城跡への立入は禁止されています。
 
土塁の東側は広場となっています。
 
南西部に「富松城跡」バス亭があり、その後ろには真新しい解説板が設けられています。
富松城跡
所在地 兵庫県尼崎市富松町2丁目
交通
(電車)
阪急神戸線・武庫之荘駅から
 徒歩約15分
バス 尼崎市営バス・
JR尼崎駅→○←阪急武庫之荘駅
   「富松城跡」停のすぐ前
見学 年中・自由
訪問日 2016年4月8日
メニューに戻る