城跡探訪・田原城(河内国)

近鉄奈良線・生駒駅より奈良交通バス(79)(86)(96)系統・田原台1丁目行きにて約10分、池谷停で下車し、バスの進行方向に向かって進む。
すぐに現れるこの看板前から右側の道を行く 左手に木々が生茂る高台を見ながら進む
小川に架かる小さな橋を渡り左側の坂道を上ると、「田原城址入口」の案内表示がある。
矢印に従って進むと案内板の前に出る。
解説板の内容を以下に略記します。
 田原城は、約30mの丘陵に築かれた丘城で、江戸末期の上田原明細帳に「古城跡、字城山、壱ヵ所。但し、およそ弐百年以前の永禄の頃、当地守護田原対馬守様御城と申伝候」と、唯一の文献が残っています。
 永禄三年(1560)、三好長慶が飯盛山に入城後、その支城として充実した機能を持ちましたが、織田信長の入京後、廃城への道をたどりました。
 本丸は周囲に竹矢来を組み櫓を設けていたと思われ、西側に複数の隠し井戸があり、当時の面影を残す水郭や腰郭、切堀りが残る理想的な中世土豪の城郭です。
解説板の奥に見える矢印に従って山に入って行くと上りの石段がありましたが、左側に切堀らしき地形があり、そちらに足を踏み入れました。左に「二の丸跡(密な竹林)」を見ながら進んで行くと、、左手に水が湧き出ているような所がありました。
どうやら、ここが水郭のようで、左上が隠し井戸?
西砦に向かいます 先端部は畑として利用されている
もと来た道を引き返し 石段を上ると、そこは・・・・
本丸址でした(建物には「住吉神社」の表札がかかる)
住吉神社横の土塁
田原城址碑 こんな大きな立体看板もある
訪問日:2016年11月2日
田原城(河内国)址
所在地 大阪府四条畷市上田原
交通 近鉄奈良線・生駒駅より奈良交通バス(79)(86)(96)系統・田原台1丁目行きにて約10分、池谷停下車
見学 自由
入城は、北(搦手郭)側から入るルートもあるようです
メニューに戻る