城跡探訪:淡輪城

2017年5月23日

以前、「大阪レトロ」で古い建物を訪ね歩いていたとき以来、約14年ぶりに淡輪駅に下り立った。
大正14(1925)年に建築されたこのユニークな駅舎は、以前は赤屋根でしたが、黒い瓦に替わり落ち着いた感じになりました。

こんな駅舎から歩くこと約5分で「淡輪城跡」に到着します。
 淡輪邸跡とする石標の立つ一画は、淡輪の中央、浄土宗西林寺の向かいの「城の藪」と呼ばれた所で、土塁の一部が残り、おおむね往時の規模を想像することが可能である。文禄四年(1595)、淡輪氏が関白秀次の事に累座して、豊臣秀吉から所領を没収されるまでの居館跡とされている。
 淡輪氏は、中世淡輪に土着した名族であって、中世からの『淡輪文書』を残している。建武三年(1336)助太郎重氏は足利氏に従い南朝方と戦っていたが、観応元年(1350)南朝方の招きによって南朝に属し南北朝合一まで変わることがなかった。長禄四年(1460)には守護細川常有に属し、畠山退治に功を立てている。のち、織田信長・豊臣秀吉と仕えたが、関白秀次の事に連座し、所領を没収されてしまう。大坂の陣には淡輪鉄斎の長子新兵衛重利は紀州浅野氏に仕え、次子六郎兵衛は大坂に入城し、元和元年(1615)4月29日、樫井合戦において奮戦戦死したのが知られる。

   「日本城郭大系12巻」より転載
解説板が建つ
門扉の上からは土塁が見えている
 
この奥にあると思われる「石標」なども見てみたいと思いますが、他人の土地に勝手に入れません。よく見ると、解説板の支柱から右側は畑地となっており、ロープが張られて立入は禁止されているようですが、左側は何も無いので入っても良いのでは・・・・と思い、一応住人に確認のため建物の表に回ってみた所、表札などは無く、人が住んでいる気配が全くありません。どうやら解体を待っているような状態でしたので、失礼して中に入らせていただきました。
 
建物と土塁との隙間はわずかで、奥へ奥へと延々と続いています。
 
振り返り
 
建物の終端部付近では石垣らしき物も見られます
 
建物の終端部から少し上がると祠らしき建物が残っています
 
「Google Earth」 で見ると茶色の庇のある建物の奥に、広い敷地と林が確認できます。
 
林付近にも石垣がある
そして林の隅に石標がありました 石が積まれた所もある
 
淡輪城跡
所在地 大阪府泉南郡岬町淡輪字城の藪
交通 南海本線:淡輪駅下車徒歩約5分
←地図のマーカーは解説板の位置を指す

メニューに戻る