城跡探訪・摂津滝山城

2017年4月27日

本日は神戸・六甲山ハイキングコースの途中にあるという滝山城攻めに挑戦です。

山陽新幹線:新神戸駅の北側に出ると、様々なハイキングルート案内地図が掲示されています。目指すは左上の城山と記された所です。
ほんの少し歩いた所に「滝山城跡」の石碑と、「城山←1.2km」の案内柱?が設けられています。

城跡は、まだ此の先なのに、城跡の石碑があるのは変だな・・・・と思いながら、碑の後ろにある石段を上がり、山中へと入っていきます。
疑問は間もなく解消されました。
 
石段を上がって、少し進んだ所に案内板があり、その城域地図が示すとおり、入口のすぐ傍に削平地(郭)が二か所あり、その後もハイキングコースの途中に多くの郭が設けられており、あの石碑のある場所も城域に入っているようです。(下図参照)
解説板によりますと、滝山城は標高約300mの尾根を使った典型的な山城であり、東西約600m・南北約400mとうい広い城域を持ち、ほぼ完全な形で残されている。ハイキングコースに沿って次々と現れる小さな平地は郭(くるわ)跡であり、木の柵や塀、矢倉などの建物を設けて城を守った。また谷部を切って堀切を設けており地形の急峻さとあわせて非常に堅固な城であったと言われている。
 
布引の滝との分岐点(約700m地点)
 
石垣跡か?
 
ハイキングコース横の石垣跡
 
こんな道を左に曲がると・・・・
 
堀切と削平地に出る
堀切
 
広い削平地
 
別の堀切
 
ここを上れば本丸か・・・と思えば
 
東屋が設けられている「二の丸」でした。
 
今度こそ本丸への道か・・・
 
本丸跡に建つ大きな城跡碑
 
滝山城(本丸)跡

 城山城がいつ築城されたのかは、はっきりしない。最も古い記録は正慶二年(1333)の「正慶乱離志」であり、赤松円心則正が護良親王の令旨をうけて挙兵したことが記されている。
 このように滝山城は鎌倉末期には存在していたようで、西方の再度山城、東方の摩耶山城を両翼におき、海辺に近く大阪湾を往来するあらゆる舟を監視できたこの城は戦略上ふたつとない拠点であり、南北朝の動乱期から戦国時代に至るまで、再三戦火の舞台となっている。戦国時代末期には織田信長の摂津進攻に伴い、摂津守護となった荒木村重の領有するところとなったが、荒木村重の謀反により、天正七年(1579)信長の武将によって攻略され、石垣などは兵庫城築城の用材として運び去られたと言われている。
 こうして滝山城は約250年の長きにわたる歴史をとじたのである。
滝山城・解説板より転載
滝山城跡
所在地 兵庫県神戸市中央区葺合町城山
交通 新神戸駅から徒歩
訪問日 2017年4月27日
メニューに戻る