城跡探訪・竹田城 

天空の城と呼ばれる竹田城跡 (竹田城跡パンフレットより)
 
2016年5月11日

前々から一度は訪れたいと思っていた「竹田城跡」にやってきました。

今回は竹田城跡の散策が組み込まれた「パックツアー」での訪問です。

小型バス(20人乗)の駐車場から徒歩で城跡の入口迄行き、城跡内を散策した後に、元の駐車場に戻るのですが、指定された時間が約1時間15分でしたので、じっくり写真を撮りながら・・・・とはいかず。大急ぎでの散策となりました。そのため満足な写真が撮れませんでした。今後また機会がありましたら再挑戦したいと思っています。
竹田城址の石碑 城郭への石段を上ります
竹田城跡の郭名称表
日本城郭大系・第12巻より
 
大手門奥の「穴太(あのう)積」の石垣
 
竹田城の歴史
 
 嘉吉元年(1441)、嘉吉の乱勃発後、山名氏と赤松氏間に深刻な対立が生じていました。竹田城はこの時、赤松氏に対する山名氏方の最前線基地の一つとして築城されました。

 以後、太田垣氏七代にわたり城主となりますが、天正五年(1577)、羽柴(豊臣)秀吉の但馬攻めにより、羽柴秀長が城代となりました。これ以降、竹田城は織田・豊臣方の拠点城郭として機能しました。

 天正八年(1580)、羽柴秀長は出石・有子山城に入り、その後は秀長の属将・桑山重春に預けられました。さらに天正十三年(1585)、茂山重春が紀伊和歌山城代に転じると、赤松広秀が城主となりました。
北千畳
 
高櫓台
 
武の門
 
平御殿(二の丸)
 
天守台が見えてきます
 
天守台への階段(下) と 天守台上(上)
 
竹田城の遺構
 
竹田城は、播磨・丹波・但馬の交通上の要地に築城されました。築城当初の姿は不明な点が多いが、石垣遺構周辺に存在する曲輪から判断しますと、現代の本丸・天守台の存在する山頂部から三方に延びる尾根上に曲輪を連続的に配置し、堀切や竪堀で防御性を高めていたものと思われます。
 一方、織・豊期以降の竹田城は、最高所の天守台(標高353.7m)をほぼ中心に置く石垣城郭となり、本丸以下南方には、南二の丸、南千畳が、北方には、二の丸、三の丸、北千畳を築いています。さらに天守台の北西部には花屋敷と称する曲輪があります。ここは主郭の中でも搦め手の位置にあるため、南北には、向かいあった石垣を築き、防御性を高めています。これらの石垣遺構周辺には、多くの石取場が確認されています。大竪堀や登り石垣なども確認され、倭城の築城形態に倣った作りとなっています。なお、竹田城の規模は、南北約400m、東西約100mを測り、今もなお当時の威容を誇っています。

(竹田城のパンフレットより)
天守台からの眺望 (北千畳方向)
 
竹田城関係年表

年号 西暦 記事
永享 3 1431 山名持豊、竹田城築城に着手
嘉吉3 1443 竹田城完成する
山名持豊、初代城主として太田垣光影を配す(口碑)
寛正 6 1465 太田垣影近・第2代城主
文明11 1479 太田垣宗明・第3代城主
延徳 4 1492 太田垣俊明・第4代城主
大永  1521 太田垣宗寿・第5代城主
天文 7 1538 太田垣朝延・第6代城主
永禄12 1569 木下藤吉郎、但馬進攻する
生野銀山から此隅山まで10日間で18城を陥落させる
〃 13 1570 太田垣輝延・第7代城主
天正 5 1577 羽柴秀吉、播磨を平定したのち、小一郎秀長をもって但馬を進攻する
〃 6 1578 秀吉、再び秀長を竹田城に入れる
秀長、秀吉の三木城攻めに加わる
〃 8 1580 秀吉、但馬を攻撃する(この時点で太田垣の竹田城は終わる)
桑山修理太夫重春、竹田城主となる
〃13 1585 重春、和歌山城代として移封される。赤松宏秀竹田城主となる
慶長 5 1600 関ヶ原の役。宏秀、西軍に属し丹後田辺城を攻める
西軍敗戦後、鳥取城攻めに加わるが、大火の責任を問われ鳥取・真教寺で自刃する。竹田城廃城となる。
元和 1 1615 生野代官所市配下となる
明治 9 1876 兵庫県に編入
昭和14 1939 武田町役場の所有となる
〃 18 1643 国史跡に指定される
〃 46 1971 石垣復元工事に着手
〃 55 1980 石垣復元工事完了
平成 1 1989 映画「天と地と」撮影ロケ現場になる
〃 18 2006 日本100名城に選定される
〃 23 2011 映画「あなたへ」撮影ロケ現場となる
〃 26 2014 大河ドラマ「軍師官兵衛」に登場
天守台よりの眺望 (南千畳方向)
 
正門(東ノ丸)
 
南千畳
西暦1600年に徳川家康の命令で廃城となった竹田城ですが、廃城になると通常取り壊しになりますが、なぜか家康は放置しました。そのおかげで石垣は取り壊されずに残り、今も400年余の時を超えて、訪れる人々を魅了し続けています。
東ノ丸付近より天守台を望む
 
竹田城跡パンフレットより
 
メニューに戻る