城跡探訪・園部城

2016年2月11日

JR園部駅から園部城址を目指して「京都美術工芸大学」の南側の道路を西進する。路線バスでも行けるようだが、何しろ運転本数が少ないので、時間待ちするよりも歩け・歩けである。

やがて右前方に天守閣のような建物が見えてきましたので、それを目標に歩を進めます。
途中、こんな水路に掛かる橋を渡りましたが、多分これが園部城の外堀であったと思われます。
橋を渡った先は上り坂となっており、たどり着いた所は園部公園で、バカでかい「カワセミ」が出迎えてくれました。
そして、天守閣かと思える建物が目の前にありましたので、さっそく入城しようと思い近づいてみますと、「園部国際交流会館」と記された石板が設置されており、園部城とは無関係の建物のようでした。(園部城には元々天守閣は無かったそうです)
公園設置の地図を見ると、学校の南側に城マークが見られますので、そちらに向かいます。
鉄砲挟間を持つ白壁の奥に城門らしき建物と櫓のような建物が見えてきました。この白壁の奥が園部城の本丸だな・・・・と思いながら近付きますと・・・・・
城跡碑と解説板があり、その左奥に城門(櫓門)と巽櫓が見えています。
解説板によりますと

 元和五年(1619) 但馬の出石から移封となった初代園部藩主・小出吉親公は、約2年間を費やして、この地に園部陣屋を築きました。
 歳月を経て、折しも戊辰戦争のさなか、最後の園部藩主(第10代)小出英尚公は明治新政府から園部陣屋をより堅固な園部城として整備する許可を受け、明治元年(1868)から二年(1869)にかけて櫓門・巽櫓の他、小麦山山頂に三層の櫓などを築きました。
 しかし、新たな時代の潮流の中、園部城は明治五年(1872)そのほとんどが取り壊され、今は残った巽櫓などが往時を偲ばせます。
 激動の時代に再整備されるという、例のない歴史をもつ園部城も、現在はその跡地に園部公園や京都府立園部高等学校が設置され、憩いの場・教育の場として住民から親しまれています。

と記されています。
現在、園部高等学校の正門として用いられている櫓門
学校敷地の南側より望む巽櫓
校内より望む櫓門(左)と番所
↑園部公園の北西側にある小麦山に上ると、山頂にはフェンスで囲われた三層櫓跡がある。↑
園部公園・女性の館付近の凹地は内堀跡 文化博物館・南側の内堀に見立てたプール
文化博物館・北側に残る当時の石垣? 園部裁判所・正門前に当時の石垣が残る
園部町城南町で見かけた長屋門付住宅
園部高等学校
所在地 京都府南丹市園部町小桜町
(地図は城跡碑の場所を示しています)
園部公園
所在地 京都府丹南市園部町小桜町
営業 年中出入り自由・無料
交通 JR嵯峨線・園部駅より 徒歩又は
    JRバス・京阪京都交通バス
         園部高校前・停下車
メニューに戻る