城跡探訪・下垣内城

下垣内(しもがいと)城跡は深い谷の向こうに見えています
この辺りは「平群中央公園」として整備され、土塁などは取り払われ堀は埋め戻されて、野球場・テニスコート・芝生広場などとなり、城跡の雰囲気はすっかり無くなっています。
芝生広場の東屋は、かなりの大きさでである。
その東屋の中央部に下垣内城の縄張図と解説板がありました。
下垣内城・縄張図
解説板(ちょっと読みにくいので下に転記します)
 当初は単郭の城と考えられ、地名をとって下垣内城となずけられていました。発掘調査で西に広がることが確認され、東西150m、南北120m以上の城郭であることがわかりました。
 深い堀や土を盛り上げた土塁で囲まれ、石で組んだ溝や穴が確認されています。出土遺跡により 13世紀に築城、17世紀にかけて使用されています。
 下垣内城は中世の岡城で、土を堀り盛り上げて防御を固めており、近世城郭のような石垣は用いられていません。
 中央の南北堀は特に深く、土塁の上から8mもあり急勾配で掘削されています。
 城主は鎌倉時代に富貴寺荘の下司職であった嶋氏が考えられます。すぐ東隣りの安養寺に嶋左近の母親の位牌があり、郡山の筒井順慶に仕え、後に石田三成の参謀として関ヶ原の戦い(1600年)で活躍した左近との関係が注目されます。
古い西宮城跡と下垣内城跡の地図
(日本城郭大系第10巻より転載)
現在の地図
下垣内城跡
所在地 奈良県生駒郡平群町字古城(平群中央公園内)
見学 自由
交通 近鉄生駒線:竜田川駅下車 徒歩約15分
駐車場 平群中央公園に無料駐車場あり
訪問日 2017年1月7日
メニューに戻る