城跡探訪・正覚寺城

JR関西本線・平野駅から、正覚寺城があったといわれている旭神社を目指します。東へ歩くこと約5分で「旭神社」への案内板が見えてくる。指示に従って左折すると・・・・・
奥に鎮守の森らしき風景が見えています。 「参道→」に従って進み、入口に到着する。
境内には、昭和56年(1981)に大阪府の天然記念物に指定された、大きな「くすの木」などが生い茂っている。

この地が、城跡であるという物証を得ようと境内をうろつきますが、中々見つかりません。
これは!と思いましたが・・・・、解説板には橘樋(たちばなのひ)の笠石と記されています。それによりますと・・・・

古来、周辺は平野川が頼りであり、乏しい水を廻って水争いが絶えず、明応六年(1496)には、この樋をめぐり河内守護遊佐氏と誉田氏とが合戦にまで及んだと言う。当社及び正覚寺村の創始と発展は、この樋によるところが大きかった。

と記されています。
「旭神社誌」という文字が彫られた石板を見つけましたが、実に読み辛くて一度は目を通すことを諦めようかと思いましたが、中央左寄りに「天正五年・・・・・織田・・・・・・・・本陣ヲ構エル」との文字が見られることから、後で拡大や画像補正をしてから解読することにして、写真を撮っておきました。
後日、解読の結果、城に関係がある記述は下記の通りでした。
 
明応二年四月二十五日
 畠山尾張守政長正覚寺合戦ニテ焼失セシム
天正五年三月二日
 織田信長石山本願寺攻メニ本陣を構エル
補足・将軍家・室町幕府八代将軍・足利義政の跡継ぎ争いに始まった『応仁の乱・応仁元年(1467)〜文明九年(1477)』は、後に守護・畠山政長と義就の家督争いへと発展していき、「応仁の乱」以降も度々強烈な争いを続けていた。義就が他界し家督騒動が治まったと思われたが、明応二年(1493)、正覚寺城にいる政長を義就の子・豊丸が攻め(正覚寺合戦)、不意を突かれた畠山政長は敗れ自刃し城は火を放たれ全焼した。




城跡碑は、この大きな木の下の繁みの中で発見出来ました。
正覚寺城跡(旭神社)
所在地 大阪市平野区加美正覚寺1-17-30
交通 JR関西線・平野駅から徒歩約10分
訪問日 2016年4月14日
メニューに戻る