城跡探訪・佐保城

『わがまち茨木:城郭編・昭和62年(1987)茨木市教育委員会発行』によりますと
 
 佐保城は大阪府茨木市大字佐保馬場谷の通称城山に築かれた城砦である。佐保は泉原と同じく山間の佐保川中流に開けた盆地で、歴史は縄文時代の庄ノ本遺跡に始まるが、その後の遺跡は現在のところ不明である。泉原と同様に仁和寺の庄園として支配されていた。
 さて城であるが、佐保の元村と称する字庄ノ本集落の東に、北から延びてきた尾根が一度低下し、その先端が隆起して佐保川に向けて押し出した標高198mの小丘を利用して築かれている。主軸をほぼ東西におく長さ80m、巾30m位の楕円形をした単郭式の城で、北西の尾根に続く部分は20m位に切り開かれて、付近に堀切の地名を残している。城への入口は、山の西側に居住の山の持主でもある、庄田氏宅の北側に開いている。
南西側から見た「佐保城跡」
 村道から少し登った所に小郭があり、その南端から郭内への登り道が出ている。小郭の北側にも堀切状のものが北に造られている。道は少し登ると等高線にそって巾が少し広くなり帯廓上になった部分を経て急坂が曲折して郭の東南に取付いてる。これとは別に曲折した道の途中から石を乱雑に積まれた部分を通って郭の南西側中央に造られた長さ7m、巾3m位の小平地に通じる道があり、これが本来の郭の入口であろう。この地点には巨石が4個直線に並んでいるが、これは岩石節理の露出を郭壁に利用しているようである。郭内北側には高さ1.5m位の土塁が構えられてゐる。土塁は地点によって規模に変化が見られ、北西部分の規模が最も大きくなっている。これは比高の最も低い部分に対する配慮であろう。北の一角には矢倉台と見られる部分があり、その地点で土塁が一部切れているが、外部への道は見られない。
 城地には矢竹が密生しているが、植栽された可能性がある。矢竹は当地方では、集落付近のみという片寄った分布が見られる。
 築城は地域守護を目的としたものであろうが、「のろし」らしいものの存在から、ある時期には他地域との連合体制にあったことも考えられる。佐保川対岸にも小城郭様の地形がみられ、一連の城として佐保川沿いの旧道を守っていたとも考えられる。
 築城の時期。築城者に関しては全く伝えるところは無いが、築かれた場所が地名からみて、庄の政所の所在地とみられ、中世庄官の流れをくむとみられる佐保氏の居住地でもあることから、一応佐保氏が関係した城砦と推測するものである。時期はいまのところ不明である。
 佐保氏に関しては史料を欠くが、豊後竹田の中川家の文書中、山崎合戦分の記事中に「佐保喜衛門」の名が見られるのと、市内千堤寺のキリシタン墓碑銘に佐保カララ、上野マリアの名が残るのみである。ちなみに上野はカミノで佐保氏の別名である。
大阪府道110号余野茨木線の「大上商店の看板」から少し先に進むと佐保城への道がある
2017年3月20日(日・祝)・午前11時40分

上記の「城跡への入口」までやってきましたが、扉が閉じられていて「立入禁止」のプレートが侵入を拒んでいます。

仕方がないので上地図の「佐保氏館」でも・・・・と足を運んでみましたが、これと云った遺跡が見つからなかったため、引き返してみると・・・・・何と入口が開いていました。(午前11時52分)
この柵と扉は動物の侵入防止用かも? 大手口?
門跡? この石垣上が小郭
小郭内 小郭内のくぼみ(井戸跡?)
小郭内の石垣 堀切?
小郭の上方に本郭があるようですが、そこに行くには、こんな竹藪の中を上らないと行けないようですので、あきらめました。

その後、辺りをうろつきましたが、方位磁石を持って出なかったので方角が分らず、写真を撮った場所がどの辺りにあったものか分からぬまま、山を下りました。
土塁? 土塁が一部切れている部分
北西側の堀切?
佐保城跡
所在地 大阪府茨木市佐保
バス JR茨木駅から阪急バス・余野行で「庄之本」下車・約50mバックすると「佐保城跡への道」がある。
駐車場 「城跡への道」の手前に駐車スペースがある
訪問日 2017年3月20日
メニューに戻る