城跡探訪・男山城(山城国)

木津川堤防上から望む男山(八幡山)
  
 男山は古くは雄徳山・牡山もと記されたが、石清水八満宮が鎮座されてからは八幡山(やわたやま)とも称するようになった。男山の頂上の鳩ヶ峯は標高142mで、山城・河内両国や平安の都が一望のもとに見渡せる位置にあった。男山は生駒山地の最北端にあたり、北・西側のは木津川・淀川が流れ、南麓には京都から河内国へ抜ける洞ヶ峠があり、西北麓の橋本の地は西国へ向かう淀川の渡し場として栄えていた。また男山は淀川を挟んで対岸の大山崎の天王山と相対し、ともに宇治川・木津川・桂川の三河川が合流する隘路を扼しており、交通上・軍事上、特に重要な要塞であった。
 また、男山は都に近いため、平安京以来、京都への関門として特に戦略上重視され、桓武天皇はこの男山に烽(のろし)台を設けたといわれる。
 なお、山頂の石清水八幡宮は貞観元年(859)に九州の宇佐八幡宮から八満神を勧請したものであるが、以来、朝廷の守神として、また源氏の氏神として八満信仰は全国に及んだといわれる。
 南北朝の争乱期に至り、男山の地は京都への関門としてその戦略的重要性から、南朝勢・北朝勢の間で争奪の的となり、幾多の合戦が付近一帯にわたって展開されたことは「太平記」などによって世に知られる。
 これらの男山での合戦のうち、規模がもっとも大きく、南朝方の興廃を賭けた決戦となったのは文和元年(1352)の合戦であるが、この時、後村上天皇が陣取った男山の行宮を男山城と呼んでいた。 
日本城郭大系(新人物往来社編)第11巻より
 
 ・・・という訳で、ここに城があったわけではなく、行宮を城の代わりに使用した・・・という事のようです。
 
ケーブルで山頂駅に着き、そこから東側の急な石段を上ると広い削平地(展望台)に出る。 
ここからの見晴しは抜群!(左奥に京都タワーが望める)
 
展望台から裏道を通って本宮へ向かいます
 
削平地
 
城の土塁に見えます 
古い石垣
 
御本社(国宝指定)

 本殿の中で最古にて最大の八満造であり、幣殿・舞殿・楼門・廻廊などにより構成されている社殿は、古代に成立した荘厳な社殿形式を保持しています。現社殿は天正八年(1580)織田信長の社殿修復から、同十七年(1589)豊臣秀吉の廻廊再建、慶長十一年(1607)豊臣秀頼の社殿再建を経て、寛永十一年(1634)徳川家光により社殿が造営されており、御本殿を含む十棟並び棟札三枚が国宝、摂社五社並び総門三門の計八棟が重要文化財に指定されています
石清水八幡宮のパンフレットより
信長塀

 織田信長が天正八年(1580)に寄進した土塀。
瓦と土を幾重にも重ねているため銃撃や耐火性、耐久性に優れており、御本殿を囲むように築かれています。
現地案内板より
御神木「楠」

 楠木正成公が建武元年(1334)に必勝を祈願し奉納した楠と伝えられています。
 樹齢は約700年、京都府の天然記念物に指定されています。
現地案内板より
エジソン記念碑
八満宮とエジソン?・・・・・と最初は違和感をおぼえましたが解説板を読んで納得です

 西暦1879年にトーマス・エジソンが灯火の革命ともいえる炭素白熱電球を発明し、この石清水八満宮境内に生えている竹が、電球の生命ともいえるフィラメントの材料として最も適していることを実験で確認し、電球発明の翌年から十数年もの永い間、この竹を使って沢山の炭素電球を造り、世界の人々に電灯のありがたさを知らされました。つまり、この八幡の竹が炭素発熱電球の実用化に大きな役目をつとめたのです。
 そこで1929年に電灯発明五十年を記念して、世界各国で電灯黄金祭が催された時、日本もこれに加わり記念事業の一つとして電球の発明と切っても切れない関係にあるこの土地に、記念碑を建てエジソンの功績を永久に伝え讃えることになったのです。 
 最初に建てられたのは、この境内北側に続く場所でしたが、エジソン彰徳会の手で1958年に、ここに移され、更に1984年10月に現在の姿に再建されました。
現地解説板より
 
男山城跡(石清水八幡宮)
所在地 京都府八幡市八幡高坊30
TEL 075-981-3001
交通 京阪電鉄「八幡市駅」下車
    駅前よりケーブルカー利用(片道200円)
入場 無料
休日 年中無休
メニューに戻る