城跡探訪・恩智城

2016年1月6日

近鉄大阪線・恩智(おんぢ)駅から北側の商店群の前を通り、突当たりの細い道路(国道15号線)を東に進む。約8分程歩いた所で、大きな木の根が置かれた公園のような広場があり、その奥に石碑と石板が見えています。
早くも恩智城跡に到着したのかと思い石碑を確かめると・・・・・
「恩智石器時代遺跡」と記されています。

解説板によりますと、「この地、天王の森を中心として東高野街道から恩智川に至る付近一帯は、府下でも有名な弥生時代の遺跡で、近年縄文式土器も出土している。今日まで地下およそ3mの辺りから種々の土器が出土し、またこの斜面から石鏃(弓矢の先端部)が露出した」とのことである。
上の遺跡の傍にあった地図で「恩智城跡公園」が見つかったのですが、歩く方向を間違えたようで、なかなか公園に行き着きません。この辺りでは人にあまり出会えませんので、道を尋ねる分けにもいかず困っている所に、丁度年配の女性が通りがかられましたので、尋ねてみると「この道を真っすぐ(東へ)進み坂道を上る、そこからは、また人に聞いてください」とのこと。言われた通り歩いていくと坂道が見つかり、かなり高い所まで上ってきましたが、その後誰にも会えず、道を尋ねることが出来ませんでしたが、偶然「恩智城址」の道標が見つかり、矢印の方向に向かいますと・・・・
子供の遊具が設置された公園に出ました。 その西側に一段高くなった場所があります。
階段を上ってみると、そこは桜の木が沢山植わる高台の公園で西側に広がる街の眺めも良い
中央部には「恩智城址」の立派な石碑が居座ります。
解説板によりますと、「恩智城は中世この地の豪族恩智左近満一が築いた。自然の高地を利用した城郭で、高安連峰との間に堀をめぐらせ前方に大阪平野を一望のもとにおさめた。堀の中にかつては小島があったがそれはむかしの一の丸で現在の城址は二の丸址という。正平三年(一三四八)四條畷の戦いで楠木正行が戦死し恩智城も落ちた。学制領布のときここに小学校が新築され、今では桜の名所として知られている     八尾市教育委員会
ここには南高安小学校(旧恩智小学)の「手洗石」や「赤レンガ造りの校門」が保存されています。
旧小学校の校門から石段を下りると、古い城址碑「昭和3年(1928)の建立」が残っていました。

この石碑の傍に「左 恩智左近の墓」と記された道標がありましたので、そちらに歩を進めます。
すぐに城徳寺という寺に着きますが、山門が閉ざされているので中に入れません。他に入口が有るかと周囲を巡ってみましたが、正月休み?のようですので墓への立ち寄りをあきらめて引き上げようと思った、その時に下の道標を見つけました。
墓は寺の中ある・・・と思い込んでいましたが、別の所にあるようですので、道標に従い進みますと、高台からせり出した先端部に、それらしきものが見えてきました。
ここに設置された解説板の内容を転記します。

恩智左近満一は恩智神社の社家の出で、この地の豪族として恩智城を築き、楠木正成方に味方した八臣の一人である。 湊川の戦の後は、その子正行を助けて南朝方を守ったが不幸にして延元二年(一三三七)七月熱病のため急死した。 八尾市教育委員会
恩智城(おんぢじょう)
所在地 大阪府八尾市恩智中町5
交通 近鉄大阪線・恩智駅下車
        徒歩約15分
国道15号線を東へ真っすぐ進み東高野街道を渡った所に建つ恩智神社の鳥居の奥の横道を右(南)へ入る
メニューに戻る