城跡探訪・野崎城(河内国)

 野崎城は、河内守護畠山氏の内紛の際、畠山義豊が尚順を野崎城に攻めたということが記載されているのみであるが、城跡は、野崎観音慈眼寺東北の裏山一帯にかけて数段の削平地を残している。本郭は飯盛山支脈と10m以上の堀切をもって築かれ、標高114.4mの山頂にある本郭の西と北に出郭をもち山稜線傾斜に、3段にわたり4つの郭を設けている。
 野崎の地は東高野街道を経て、北河内から中河内方面に入る場合、西に深野池が入りこみ、東は飯盛山の支脈が突き出ていて、最も狭いのがこの野崎で戦略上の要地であった。
 日本城郭大系・第12巻(出版・新人物往来社)より
 
野崎城跡へは野崎観音慈眼寺・本堂の西側(向かって左)から、飯盛山ハイキングコースに沿って上っていきます。しかし「野崎城・本郭」に到着するまでに、ハイキング道の案内板はあっても、城跡の案内板等は一切ありませんので、間違って飯盛山の山頂まで行ってしまわないよう気を付けてください。
少し上った所に多重塔がたつ削平地がある
市指定文化財:石造九重層塔 →
造立銘は永仁二年(1294)とあり、七十四字の金石文を基礎に刻する北河内最古の層塔である。高さ3m30cmの花崗岩製で、全体の造りや梵字の刻まれ方から、鎌倉時代の特徴をよく示しいるとのこと。なお、当石塔はもともと九層であったが、昭和九年の室戸台風で倒壊の際、最上部の屋根石を失い、八層で組み直された。
その後、昭和五十九年に、地元の中学生2人により屋根石が発見され、平成十七年に組み直し、再び九層に復元したものである。(現地解説板より)
途中に休憩所がある削平地がいくつかあるが、この辺りが郭(くるわ)に当たるのかは不明。
標高111mと記された展望休憩所 この坂を上れば本郭のようです
本郭(ほんくるわ)に到着です
新しい地図と解説文を紹介しておきます。
本廓から南東側に石垣がある その中に石を割った「ノミ跡」らしきものが・・
堀切らしき所ですが・・・・ 本郭南西側の道は岩石の間を進む道となる
岩石を彫って造られたと思う石段 吊橋
吊橋からすこし下った所の削平地(郭?) 寺の東側に「お染・久松」の塚がある
野崎城(河内国)址
所在地 大阪府大東市野崎
交通 JR学研都市線:野崎駅から
徒歩約15分
見学 自由
左地図のマーカーは不正確です(地図に等高線が無い為、本郭跡を確定できません)
メニューに戻る