城跡探訪・大和西宮城

近畿日本鉄道:生駒線・竜田川駅から北方に見える小山が大和西宮城跡のようである。
地図を片手に歩くが、小山に近づくと道が迷路のようになっていて、たどりついた地点は随分と西側へと出てしまった。しかし案内板が建っているのが見えるため、ここで間違いはないだろうと案内板の前に立つと、それは「西宮古墳」の解説板で、城に関する解説は記されておりません。
東側に歩を進めると、長い滑り台がある丘が見えてきて、「冒険広場」との案内矢印が丘の方を指しています。
城跡はどこだ・・・・・と、歩を進めると・・・
丘の上は、子供達用の遊具が設けられた広場となっています。

あちこち、うろついていると・・・・・
東屋の傍にある
 
解説碑を見つけました
 
ここは西宮城の跡です
 西宮城は、筒井氏の重臣、嶋氏のお城です。嶋左近の時には平群(へぐり)を中心に一万石の領地がありました。永禄二年(1559)松永久秀が大和に乱入し、信貴山城を拠点に大和を支配します。西宮城も松永方の城となり、天正五年(1577)に織田信長に攻められた時に当城も落城したようです。
上の地図の通り、主郭・土橋・副郭などが平らに整地されてしまい、城跡であるという物的証拠は何も見当たりません。

広場の南側に設けられたフェンスから下を覗き見ると、下方に土塁のような物が見えましたが、ここからは立ち入ることは出来ません。山裾から上ることが出来ないか・・・と思い、そちらに向かいます。
「日本城郭大系:第10巻・奈良編」によりますと、主郭南面に大空堀が走り、その南外に来迎寺の東北へ突き出た小郭があり(左地図の赤い部分)、その北には土塁で狭められた口がある。この突出小郭が虎口かもしれない・・・・と記されています。
←平群神社

上の地図を見ると、どうしても上ってみたくなり、平群神社と来迎寺の間をルートを探りながら上ってみました。
小郭(今では樹木がのさばっています)
 
土塁に開く口
 
大空堀(東側)
 
大空堀(西側)
 
大和西宮城跡(平群中央公園)
所在地 奈良県生駒郡平群町西宮
交通 近鉄生駒線・竜田川駅より
徒歩約10分
駐車場 平群中央公園にあり
メニューに戻る