城跡探訪・七松城

合戦の絶えることのなかった戦国時代には、権力者の手による城郭とは別に、民衆は自衛手段として集落の近くに山城を備えていた。尼崎地域では、広大な平野が広がっており、集落の近くに山城を築くことが出来なかったため、ここでは集落の周囲に環濠を巡らすことによって集落そのものを防御する環濠集落が発達した。「七松(ななつまつ)環濠」もその一つあり、俗に「七松城」と呼ばれ、戦国時には合戦の陣所として、又、天正期には城攻めの「付城」としても使用されていた。
七松城復元図
  神戸新聞総合出版センター・兵庫の城紀行「上」より
 
2016年3月10日 七松城跡を訪ねました。

上の地図で見るとおり、環濠で囲われていた地域ですので、どこかにその形跡が残っているのではないかと、地図に従って歩いてみましたが、ほとんど、その形跡は残っておらず、唯一、西南部・公園の東側で、環濠跡らしき地形を見つけました。
、上の地図の中央部に載っている「七松八満宮」を訪れてみました。本殿を望む鳥居の横には真新しい「荒木村重公・・・ゆかりの地」の「のぼり旗」が揚がっていました。
城跡碑などが無いか、境内の石碑を見て回りますが、それらしき文字は見つかりません。
反対側の石碑も、城に関係はないだろうと思いながら、近づいてみて驚きました。


六百三十余人之碑と彫られた文字の隣には「七松城落城 なくなられた武士及び家族」と記されています。

これは一体どういう事?・・・・・・ということで

後日、尼崎市立図書館に行って、調べてみました。

その中で、尼崎市史編集室・発行の「地域史研究・第3号」で『七松といえば「信長公記」で知られた荒木一族の処刑地である』という文面を見つけました。

どうやら、「七松城落城」と「亡くなられた武士・・・・」とは関係はなく、他所で人質として捕へられた荒木村重の関係者等が「七松環濠(城)」に連れてこられて処刑されたということのようです。


荒木村重の謀反

戦国時代の闇は、信長によって拓かれつつあった。
そんな時この摂津の国に彗星のごとく現れ、消えていった武将に荒木村重がいる。一旦は「天下の主たるべき者は織田信長」と公言し、信長に仕えたが、いつか亀裂が生じ天正七年(1579)村重は信長に叛逆ののろしをあげる。ここから織田信長勢と荒木村重の戦いが始まる。

有岡城(伊丹城)に籠って戦っていた村重は、形勢が不利となった時点で単身、城から抜け出し、嫡子村次の籠る尼崎城に逃れます。この時点で、有岡城に残っていた武士・家族らは全員捕虜として捕らわれる。彼らの命と引き換えに信長側は尼崎城の開城を要求しますが、これを村重が拒んだため、信長は人質として捉えていた122人の上級武士の妻子・残る下級武士の妻子388名・女房付若党124人を「七松」の地での公開処刑を命じる。
信長公記によりますと、その様子は悲惨なものです。

天正七年(1579)12月13日午前8時頃
最初に、上級武士の婦女子を牢から引き出した。さすがに名のある武士の妻女たちであるから、かなわぬ運命とすっかり悟っておられた。これら女房達の並んでいる所に、荒々しい武士たちが連れだした幼児は、その母親に抱かせたまま引き上げて、はりつけにかけ、鉄砲でもってつぎつぎ撃ち、槍・長刀でもって刺し殺したので、122人の女房達が一どきに悲しみ叫ぶ声は天にもひびくばかりであって、見る人の目もかすみ、心も消え行って恐ろしさに涙にむせんだことであった。この光景を見た人は、その後20日・30日の間は、その面影が目について忘れることが出来なかった。
この他、処刑される女は388人いて、これは雑用をする武士の妻子と、その付き人であった。男の方は124人いて、それは上級武士の女房達について所用をつとめた若党たち以下の者であった。合わせて500人余の数である。これらの人々は四つの家の中に押し込め、周囲に草を積んで焼き殺された。風のまわるにしたがって、魚の焦げるような匂いが立ち込め、処刑者たちは、のけぞるように上を下へと波のように動き、焦熱・大焦熱地獄そのままに炎にむせんで躍り上がり、跳び上がった。その悲しみの声は煙とともに空に響き、焦熱地獄の獄卒の責を見るようである。人々はすっかり肝をつぶしてしまい、目をおおい二度と見ようとする人はいなかった。その哀れなことは語りつくせるものではない。

「原本現代訳・信長公記(下) 教育社新書1980年5月30日発行」より転載
七松城跡(七松八満神社)
所在地 兵庫県尼崎市七松町3丁目10-7
交通 JR東海道本線・立花駅より南東へ
徒歩約7分
訪問日 2016年3月10日
メニューに戻る