城跡探訪・並河城


 亀岡から八木に向かう旧国道が大飼川に架かった並河(なみか)橋を渡って並河部落に入った所の右側、法然寺を含んだ東方の台地の竹藪一帯が並河城の本丸跡である。大堰川の井堰の水を水田に引くと、その水が当城本丸の直下まで流れ込むようになっており、川船の船溜が本丸直下に設けられており、内陸部にありながら水運の便によって、常に海とつながる可能性を有していた。当並河城主は、よく中央情勢に通ずることが出来、光秀入丹時、丹波勢に反して光秀和平作戦に参加して成果を上げている。
 『丹波志』に「並河氏 並河村・・・・・並河氏と称す。宇津根(うずね)・並河・大井・土田(つつた)・金岐(かなげ)・太田・勝林嶋七村ヲ領ス信長公ヨリ賜フト云。天正年中並河掃部介明智光秀ニ組シ・・・・・・」とあり、本丸については屋舗跡村ノ中ニアリ、凡一町四方東西少ク南北広ク段ナリ、西ハ平地続キ東南北ト大堀ノ跡今ハ京往来トナル。字ニ堀辺ト云、其外堀跡多シ。子孫本家立蔵宗信古城跡本丸ニ住ス・・・・・」とある。また『細川家記』にも並河掃部(かもん)が光秀に与して八上城を攻めたことが記されている。   
 
 地図・解説文は「日本城郭大系」より転載
法然寺の南側通路
 
法然寺の東側は確かに竹藪です 竹は隙間なく生えています
    
竹藪の東側は高台の平地で何か(果実?)が栽培されている
 
高台下:南側の建物 高台下:北側の畑
     
寺:北側の水路(暗渠=堀跡?) 大堰川
 
並河城跡
所在地 京都府亀岡市大井町並河1
交通 JR並河駅より約700m
メニューに戻る