城跡探訪・水尾城

2017年1月31日

茨木市内にある水尾城跡が水尾公園の近くにあるとのことで、以前に一度、訪れたことがある水尾公園までやってきました。

この時期、ひっそりとした園内ですが・・・・・・・
桜の季節ともなると大勢の花見客でにぎわいます。

← 前回訪れた時の写真
公園の前には、こんな石碑が設けられています。
この公園は、「かっては灌漑用の池として築造されたものですが、この辺りの市街地化に伴い、埋め立てて公園とした」との趣旨が記されています。
さて肝心の水尾城跡ですが、この公園から直線で約400m先にある「伯光神社」とのことで、先を急ぎます。

前方に大木が見えてきました。
伯光(はくみつ)神社

この祠(ほこら)には伯光大明神が祀られています。

天保六年(1835)の同社由来書によれば、当地の奥田家の長屋門新築のの地鎮に際し、稲荷さげの巫女に、楠の大樹に八百十一年に及び伯光大明神が宿っているとのお告げをうけ、奥田四郎左衛門ほか四名が講元となって祀ったという。

(伯光神社の由来書より)
樹木名:クスノキ 茨木市指定保存樹第1号 昭和51年(1976)2月13日指定
 
ところで、ここが城跡であるという証拠はどこに・・・と辺りうを見回すと、金網フェンスの外からしか文字が読めないような場所にに、城跡碑が建っていました。
解説板があるのでは・・・と探しましたが見つかりません。

あとは図書館で「日本城郭大系」に望みを託しましたが、水尾城に関するは記載は見当たりませんでしたが、茨木市発行の「わがまち茨木(城郭編)」に下記のような記述がありました。
 水尾城は、応仁の乱で全焼した紫雲山西方浄土寺(真言宗)の焼跡に造営された城である。
 この西方浄土寺は、天平九年(737)僧行基の開創と伝え、北は水尾集落より南は真砂集落の北はずれまで、東は内瀬集落をこえて高瀬川にまたがる数万坪の広大な寺域に七堂伽藍を構えていた。
 応仁・文明の乱ののち美濃国(岐阜・大垣)守護代斎藤妙椿が没した後、主家斎藤家の内紛のため平尾孫左エ門は斎藤家と離れて西方浄土寺の焼跡・奥の院の照光寺の東、佐奈部神社の南、高瀬川の一画に、新しく周囲を堀で囲まれた新しトリデを築いたのが「水尾城」の始まりと思われる。
 城については「福井近郷古跡伝」という和綴写本の中に、永禄十年(1567)十月十日の夜、南都大仏殿において三人衆(三好の一党)と義継(十二代将軍義晴の弟)は久秀(松永弾正)と相戦う。時に中村新兵衛高次・茨木左衛門尉(城主)、水尾の郷士・平尾孫佐衛門(元は斎藤妙椿の浪人)らは三人衆に属す。と記されています。
郷士(ごうし)とは、農村に居住した武士、又は由緒ある武士の身分のまま農業に従事した者、又は武士の待遇を受けていた農民。戦時は軍事に従った。
上図は「東摂城址図誌」であるが、堀に囲まれた平尾家(地図では平屋家となっているが)の屋敷がある所が水尾城跡で広さは約千坪あり、その南に隣接している「シロクラ」という小字は「城の倉」があった所ではないかと考えられる」との事。
 
私見・・・伯光神社は「クラシロ」の南西側にあるので、城跡とは言えないと思いますが、本来の城跡は現在、民家が密集しているため、空き地がある伯光神社内に城跡碑を建てたのかもしれません。
 
後日、本来の城跡と思われる区域を訪れてみました
↑東側水路 (道路を含めて堀であったと思われる) 南側水路↑
城跡碑は下方の伯光神社内にある
メニューに戻る