城跡探訪・万歳平城

 万歳平城は、平安時代後期から平田庄庄官として葛下郡に勢力を築いた万歳氏の居館の発達した城郭である。応仁の乱では越智方に属し、文明7年(1475)6月、筒井方に万歳城を攻撃されたが、城内から打って出て、逆に筒井勢に大勝した。筒井順尊は河内に逃れ、明応7年(1498)まで越智・古市方が大和を制圧する画期となった合戦であった。
 永正4年(1507)10月、赤沢長経が乱入して国中(奈良盆地)を制圧し、筒井氏以下の国衆は河内・堺・吉野に退き、11月に国中周辺の山々に篝火(かがりび)を焚いて気勢をあげ、国中に攻め下った。その時、筒井・十市氏ら主力軍が拠点にしたのは高田城と万歳城であった。永禄11年(1568)から翌年にかけて松永久秀が大和を制圧した。万歳城は久秀の攻撃を受けたが、守り抜いた。このように万歳平城は、万歳氏の万歳領支配だけでなく、国中を制圧する重要拠点の一つとして、なんども攻防の的となり、その都度、修築を加えられたことであろう。
 城跡は現在、春日神社の境内を含む宅地となり、地割りによってしかたどれないが、『高田市史』に載せる古図によると、約50m×75mの長方形の主郭の4周に広い堀をめぐらし、四方に出郭を設けて、その西と南は二重の堀となっていた、大手は南面に開き、城下集落に市場を設営し、それが今日の地名の市場に残った。
解説文と地図は日本城郭大系10より転載
 
2018年11月13日

有井環濠を訪れた際、近くにある「万歳平城」に足を運びました。
名倉北池 (奥の竹藪の向こう側が万歳城跡のようです)
池の北側を進み四つ角を南下すると・・・ 金勝寺という寺前に出る
その隣に春日神社がありました 境内の樹木に黄葉が見られます
神社の解説板がありましたが万歳平城に関する記載はありません
神社の後ろには主郭跡と思われる広大な畑地が広がっています
神社を出て北上し 先程通った四つ角を西に進む
大木前の横断歩道を左に折れると 堀跡と思える水路が出現します
西側から見る主郭跡(奥に神社が見える) 畑地の西側を走る水路(通路を含めて堀跡か?)
プラスチック会社の正面側の通りを、東進すると畑地越に高田西中学校が望める所に出る。そこから南下してJR和歌山線の高田駅に通じる車道を東進すると・・・・・



中学校の南西端付近に万歳城址の案内板がありました。
万歳城址

 万歳氏は、古代葛城(かつらぎ)の氏族で、武内宿禰(たけのうちすきくね)の後裔といわれている。中世平田荘の八荘官の一人として万歳郷を預かり、この城を本拠として、二上山系に山城を構え、後に大和武士として活躍した。
 城址は。二重の郭と二重の環濠を持つ平城であったが、天正8年(西暦1580年)織田信長の命で、郡山城を残して、大和の城濠は悉(ことごと)く破却された。(大和高田市教育委員会)
万歳平城
所在地 奈良県大和高田市市場
見学 自由
交通 近鉄南大阪線:尺土駅から
              徒歩約20分
メニューに戻る